ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

1ヶ月ダイエットを継続するためのコツを紹介します(実践中・効果あり)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」
スポンサーリンク

こんにちは。てんです。今回はダイエットをするうえでよくあるこのような悩み


・ダイエットしたいんだけど今まで3日坊主で続かないんだよね。。

・ダイエット始めた時に限って仕事や飲み会の予定が入って計画通りいかないでそのままダイエットの計画が崩れちゃうんだよね。。

に対して僕なりの回答していこうと思います。

本記事の内容


・ダイエットを継続できていない3つの理由

・継続できる内容でダイエットプランを立てる

・ダイエットには食生活の見直しが必須

・ 体重が減る以外の変化も感じることも大切

このような内容で説明していきます。

この記事作成者のてんは、今のところ自分で決めたダイエット法を1.5か月90%程度の確率で守ることができていて、-3キロを達成、現在も継続中です。

1ヶ月のダイエットの成果のまとめと考察

【効果あり】PFCバランスダイエットを1ヶ月試した結果のまとめ

ダイエットを継続できていない3つの理由


ダイエットが続かない理由は人の数だけあるとでしょうが大きく分けて

・自分の能力以上のことをやろうとしている

・自分の置かれている環境を考慮せずにダイエット計画を立てる

・完璧主義

この3点のいずれかが主な原因と考えられます。順番に説明していきます。

自分の能力以上のことをやろうとしている

一度に複数のことに手を付けてしまう。

例えばダイエットを始めるとして、食事制限でお菓子食べるのをやめて、1日2キロランニングする。そして夜は自炊を始めよう。

このような計画を立てていませんか?

早く結果を求めすぎるあまりやることを詰め込みすぎです。

1つの結果を出すために、最初からあれもこれもと複数のことに手を出すと自分の能力をオーバーして、続けることができません。一番中途半端になってしまいますね。

不得意、苦手なことに先に手を付けてしまう。

ダイエットにも相性があります。運動が嫌いな人が運動をしてダイエットをするのは辛すぎるし、自炊ができない人が自炊をすることを目標にすると難易度がめちゃくちゃ上がります。

ダイエットも向き不向きがある。

僕の場合は、炭水化物が大好物なので炭水化物なしダイエットはストレスが溜まりすぎて続かなかったということがあります。

ダイエットも複数のアプローチ方法があり、それらを組み合わせることもできます。結果ばかり見て自分との相性の良し悪しを考慮しないで挫折するのは残念すぎます。

自分の置かれている環境を考慮せずにダイエット計画を立てる

・自炊をしよう!だから朝1時間早く起きてお弁当を作ってから出社しよう!

・ダイエットには運動だ!ジムに行こう!(仕事は毎日22時終わり)

など、そもそも計画段階で破綻が見えている計画ではないか確認したほうがいいです。

ダイエットで負荷がかかる生活をするというのにいつもより早起きという負荷かかるので、継続する難易度が爆上がりします。

残業続きのジム通いも、残業の後でクタクタになっている状況で準備してわざわざジムに行く、ジムで運動するというハードルをクリアしないと続けられないです。僕には無理。

まずは自分の置かれている環境になじませることができる内容でダイエットの計画を立てるべきです。

完璧主義

完璧主義も天敵です。僕も完璧主義なところがあって今までダイエットしては「今日はもうできなかったからいいや」と投げ出してしまい、それがズルズルと数日続いて、、いつの間にかダイエット失敗という典型的なパターンで失敗してきました。

ダイエットは1週間、1ヶ月、3か月と継続して徐々に結果が出てくるのですが、その過程で、一度や二度は予定通りいかないことが出てきます。

そういう時に完璧主義でいると予定通りいかなかった引きずってそのままなし崩し的にやらなくなるので、

・100か0かではなく8割を目指す

・1日ごとに切り離して考えて昨日の失敗を引きずらない


などの完璧でなかった翌日も継続できるような仕組み、心の作り方が必要です。

なお、僕は両方のマインドを取り入れいていて、ダイエットでは毎日70点以上の行動をしていくこと。1日ごとに良い行動も悪い行動も区切って、翌日からは新しいスタートを切ること。を意識しています。

継続できる内容でダイエットプランを立てる

スポンサーリンク

ダイエットをするときに必要以上の無理をすると続かないです。1日、2日なら無理は聞きますが、ダイエットは基本3か月程度かけて結果を出す、中・長期戦です。

今まで挫折してきた人たちは、「効果」だけを考えるのではなく

「効果」×「継続性」 の最大値を見つける

ことが大切になります。

そのためには自分がダイエットをするにおいて、「できること」「できないこと」の整理する必要があります。

僕の場合、

【できないこと】
・炭水化物はあまり我慢したくない⇒炭水化物抜きダイエットはNG
・料理をする習慣がない⇒自炊NG
・運動は嫌いではないが仕事が忙しいのでまとまった時間がとりにくい⇒運動を中心としたダイエットはNG
・ダイエットのために多くの時間は費やしたくない⇒自炊、運動を中心とするのはNG


【できること】
・ダイエットをするので多少の出費はやむを得ない
・朝昼晩と仕事をしながらの食事だったり、テレビを見ながらの食事なので食事の内容にこだわらない。
・お菓子が食べたくなったらアイスボックスで我慢できる


このように洗い出しをした結果、僕にはPFCバランスダイエットが向いている(というかそれしかなかった)という結論にたどり着きました。

記録するのも面倒くさいと思いましたが、他のできないことをするよりはるかにましだったので妥協しました。

このようにダイエット方法を決めた結果、1.5か月経過してもダイエットは継続されており、少しずつですが、目標体重に近づいています。



ダイエットには食生活の見直しが必須

自分の最適なダイエット方法は見えてきたら段階でもうひとつ注意することがあります。


それは、運動よりも食事を変える方が効果がある。ということを前提にプランが組まれているかです。
ダイエットは「食事が9割、運動が1割」と言われているので自分のプランが効果が出るプランが確認は必要です。

確認が必要なのは大きく2点です。


・成果を出すには簡単で消費カロリー≧摂取カロリーとなるプランか。

・総カロリーに占める炭水化物の量が50~60%を上回っていないか。


どのダイエット方法もこの2点が守れてると体重は落ちやすいです。

これらの条件を考えたうえで、僕が実際に行っているダイエット方法は「PFCバランスダイエット」です。
こちらも記事を書いているので気になる方はどうぞ。

PFCバランスとは?【初心者向けに説明】

体重が減る以外の変化も感じることも大切。

ダイエットをすることも一番の目的はもちろん「痩せる」ことですが、何も痩せることだけがダイエットのメリットではないです。

そしてダイエット中に必ず起こるのが体重が減らない「停滞期」。この時にダイエットは体重を落とすためだけに合っているんだ!という意識でいるとモチベーションが下がりまくって続きません。

そのため、目先の体重以外のダイエットも意味や効果も見つけておくとダイエットのモチベーションが続くようになります。

僕の場合は、

・カロリー計算アプリを使ってカロリー計算をする ⇒ 目標の範囲内で食事ができると気分がよい

・炭水化物のドカ食いをしなくなった ⇒ 体調がよくなった

・お腹周りが細くなった ⇒ 見た目がよくなった

・食生活を整える ⇒ 性格が温和になった(気がする)

などがあり、ダイエットには他の効果もあるのでそれを感じることもモチベーションが上がります。
他にも

・自分に自信が持てるようになってきた。

・ごはんがおいしく感じるようになった。

などもよく耳にしますね。

ダイエットを続けるには、続けるだけのシステムやモチベーション、習慣化が必要です。早く結果を出したい気持ちも分かりますが、継続できてこそダイエットの意味があるので、自分なりの継続のコツを見つけていきましょう。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2021 All Rights Reserved.