ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

20代前半までに一人暮らしはしておくべきです。

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

よく一人暮らしはお金がもったいないという人がいますよね。

私はお金を理由にして一人暮らしをしないのはその時間と機会が持ったないと思っています。
あなたがまだ学生で親に学費を払ってもらいつつ大学に通っている身であればまだしも、社会人になってお金がもったいないから・・・と言っているあなた。その考えは捨てるべきです。

逆に貯金がなくても、実家にお金を入れなくても過ごせるのは「今」だけですよ!
特に将来的に結婚や子供を視野に入れている人は一人暮らしができるのも「今」だけです!
一人暮らしのメリットを説明していきますので一つでもなるほどな。いいね。と思ったチャンスです。今すぐ準備を始めましょう!

一人暮らしをすべき理由① 生活力が身につき自立できる。

実家で生活していると大体の人が親がいてなんでもやってくれるのではないでしょうか。女性は家事を手伝っている方もいるかもしれないですが特に男子。何もしてないのでは?。
家での仕事といえば料理・洗濯・掃除を思い浮かべますがほかにも故障したものを修理、家のインテリアの変更、各種役所への申請やGの退治まで含まれます。
実家暮らしではたまに気分転換や親孝行で手伝うことはあったとしても日常的に家事をすることはほとんどないでしょう。家にいるとどうしても親に甘えてしまいながら生活してしまいます。それでは自立とは程遠いですよね。

現在は男女の役割にどんどん差がなくなり、男女関係なく家事などの家の仕事ができることが求められるようになってきています。現にマッチングサイトなどでも仕事を続けたいので家事は二人で行いたいという女性が多いです。
性別に限らず一人でも生きられる生活力がないと男女ともに恋愛市場でも淘汰されていくことになるので一人暮らしを通して自立した人を目指していきましょう。

一人暮らしをすべき理由② 自由で縛りのない生活ができる。

実家で暮らしていると「時間的な自由」と「空間的な自由」が制限されます。「時間的な自由」は例えばお風呂。順番があるための早く入りなさいと言われるのではないですか?ご飯も片付かないから早く食べなさい。晩御飯の用意があるから連絡をすることがルールになっているということはありませんか。
「空間的な自由」は自分が好きなようにできるんはせいぜい自分の部屋だけ。リビングルームで音楽を聴くのはできないですし、先客がテレビを見ていて、好きなテレビを見れない。空間的な実家は空間的な自由はかなり限定的ですよね。

集団で過ごしているので「ルール」や「役割」必要なことではあるのですが、人生で一度くらいそういうものから解放されたくないですか?

そういうルールがないのが一人暮らしの特権です。いつ、何をしていようと誰にも何も言われない。そこで行われていることはすべて自分で決めたことなので責任も発生しますが、何より自分の生活すべてを自分で選択する自由が生まれます。自分ですべて決められる生活というのは充実感がありますし、自分をコントロールしている感覚が持てます!

一人暮らしをすべき理由③ 親のありがたみが分かる。

一人暮らしは当然ながら大変な面もあります。家に疲れて帰ってもご飯を作らなければいけないし、風呂も自分で沸かさないといけない。できているということはないのです。これは1人暮らしをして自分で体験してみないと大変さは分からないと思っています。
私が特に家族のありがたみを感じたのはインフルエンザになった時と、自然災害で避難勧告が出た時です。病気にかかっても助けてくれる人はいないので、自分で病院に行って、ご飯も買うなりしてと全部自分でやらなければいけません。また、自然災害の時も一人では不安ですし何かあった時に助け合うことだできません。このように人の助けが必要な場合に特に家族の存在のありがたみをかみしめることができました。
私は1人暮らしをしてこのような経験をし、初めて親が今まで子供たちのためにしてくれた苦労や、ありがたみを感じることができたと思います。これは私だけでなく1人暮らしをしてみた人が口を揃えて言いますよ。

一人暮らしをすべき理由④ 通勤(通学)時間の短縮ができる

これは人によってですが短縮できます。これも重要な一人暮らしをするためのポイントですね。移動時間ほど何もできない不毛な時間はありませんし、満員電車なんかに乗った日にはストレスがかかり、職場に行くだけで疲弊します。それは体力的にも時間的にもかなりもったいないですよ。通勤時間は最低でも片道1時間は切るようにしたほうがいいです。都心に勤めていても、1時間圏内で探せば初任給でも住める場所はあります。理想は30分以内ですがそれだと場所によってはかなり厳しいのでまずはどんなに時間がかかっても片道1時間にしましょう!

というわけで・・・

一人暮らしをしない理由はありません。ネックとなるのはお金でしょうが、貯金では得られない経験ができます。どうしても一人暮らしが合わなかったら家賃更更新のタイミング(2年のところが多い)で更新しなければいいだけです。でも私が知る限り一人暮らしをした人は一人暮らしが快適でほとんど実家には戻ってないですね。それこそ転職活動をするので収入がなくなるとか、実家の家業を継ぐとかくらいですかね。

今回は一人暮らしの魅力を説明しました。
一生に一度はぜひ一人暮らしライフを楽しみましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.