ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

≪ソフトテニス≫【後衛編】4本目までに攻撃する!

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは。テンです。

今回の内容はしっかりと試合ができる中級以上のレベルの方向けになっています。


4本目までの攻撃力を上げる。というところについて考えてもらいたいと思います。
まずはなぜ4本目までの攻撃なのかは、あまり知られてない!?○本目までを制するペアが試合を制する!?<ソフトテニス>を読んでください。
具体的にトップ選手はどのようなコースに打って攻めているかを見ていきたいと思います。今回は【後衛編】となります。

(1)後衛に打つサーブについて

後衛サイドのサーブはミドル狙いが基本です。少なくてもサービスコートを縦で割って、半分よりミドル側に打ちましょう。このミドル側に打つということは、相手にバックで打たせる。回り込ませるという攻め手のほかに、前衛アタックを打ちにくい(前衛が正面に来るので前衛がとりやすいです)、前衛がポーチに出やすい。と前衛に対してもいいことずくめのコースです。そのため、後衛は基本的にファースト、セカンドともこのコースを狙いましょう。どのトップ選手の試合を見てもサーブのコースは9割はセンターです。

因みに左利きはフォアになりますが案外ミドルは有効です。相手が左の場合はセンターもワイド(クロス)もどちらも有効になりやすいので、的を絞らせないように打つといいと思います。ただし、ワイド(クロス)に関しては回り込まれると前衛を狙いやすいコースになるのでサーブ速度と前衛と相談しながら使うといいと思います。

(2)前衛に打つサーブについて

前衛側のサーブについても基本的にはバック狙い(右利きの場合はワイド)でいいかなと思います。ただ、前衛の場合はミドルサーブも有効なので的を絞らせないというのが有効かなと思います。それぞれの特徴ですが、

ワイド(クロス)の特徴はバックで打たせることができる。前衛が回り込むとネットから遠くなり3本目を打つ時にセンターが空きやすくなる。というメリットが一方でサーブが弱いと前衛アタックが打ちやすくなるというデメリットがあります。

センター(ミドル)の特徴としては基本的にバックをケアしているので強いサーブを入れればかなり有効な攻撃になる。前衛へのパッシングがしずらくなるというメリットがあります。デメリットは前衛上をロブで通されるとき自分から離れていくような軌道になる。ことと、相手前衛が早く前についていることでしょうか。

こちらは割と選手によって狙うコースがまちまちです。私は基本、ファーストサーブはワイド狙い、ポイントに余裕があるときはセンターも打っておく、セカンドは相手が回り込む前衛やバックでストレートを狙ってくる上手な選手はセンター、バックがあまりうまくない相手はワイドを狙うという感じですね。

(3)ファーストサーブのレシーブ 

レシーブは「自分から打つ」どうしても相手が打つボールを返す受け身になるので相手のサーブがどのレベルなのかによって自分がやることが決まってきます。まずは自分のレベルで攻撃できるレベルのサーブかを見極めることが必要になります。

自分がしっかり返せるレベルのレシーブであればどんどん攻めて相手を動かしていきましょう。攻めどころは基本的には下に書いてあるセカンドサーブのレシーブと同じでよいです。が注意事項としては相手もランニングボレーやスマッシュを狙ってきていますのでペアと共にしっかりフォロー体制は作っておくことです。

相手のサーブが威力がある場合は、とりあえず相手に攻められにくいところに返すことを最優先にします。具体的には後衛に深いボールが一番無難でしょう。もし相手前衛ポーチに出てきたのがが見えたらシュートで抜くのではなく後衛前にロブを打とか、意外とランニングボレーは高めのボールは難しいので中ロブ、高い軌道のシュートを打つのでもいいと思います。重要なことはこちらがミスしないでできるだけ相手の3本目攻撃をさせない配球をすることです。


(4)セカンドサービスについてはどんどん攻めていきましょう。セカンドサービスについてはクロスに鋭く返す練習だけでなく、ミドル、ストレート、前衛を超すロブも打てるようにしましょう。また、前衛がセカンドでもダッシュしてくる場合は、積極的に前衛の近くを狙っていきましょう、この場合はクロス、ミドルのほかにショートクロスも有効ですよ。このバリエーションは普段から練習しておきましょうね。
また、前衛へのアタックはゲーム序盤でやるべきです。理由としては相手にチャンスの時は前衛を狙ってくると思わせることと、相手前衛の実力を知るためです。後半になって競っていたり、カウント不利だと前衛を狙うのをためらう可能性もあります。

(5)3本目と4本目について。ここはもうラリーになりますので、サーブ、レシーブの結果、自分が攻めていると感じたら強気に攻めていきましょう。前衛の近くを通すもよし、後衛を走らせるのもよし、バックを狙うのもよし!です。ここを有利な展開で強気で攻め続けられるかが勝敗のポイントになります。
注意点としてはあまりにもここで決めてやると思うと力みが生じるのであくまで次のボールが返ってきても相手に攻められないような配球、スピードのにするぞくらいの気持ちでいましょうね。力んでこちらからミスしても意味ないので。

逆に不利な場合はできるだけ、前衛が触れなくて深いボールを意識して打ち相手に連続で攻められないようにしていきたいですね。

練習方法はやはりゲーム形式がいいでしょう。4本目までで切って回転率を上げてもいいと思います。ファーストサーブはサーブ側が攻め、レシーブ側が守る。セカンドレシーブはその逆。これを意識しながら互いに攻める、守ると展開していくと決めたゲーム形式もいいと思います。


まだそのレベルになっていない場合は片方のサイドがボール出しにした想定練習をするでもいいと思います。その場合は前衛を付ける、ミスしたら次のボール出しをしないで終わりなど本番を想定した練習になるように工夫してください。


▼後衛で上手くなりたい人はこちらの記事もおすすめです。
まさか自分のことか!?乱打では打ち勝てるけど試合で勝てない人の特徴≪ソフトテニス≫
プロコーチが勧める練習!?たった一言で判断能力が上がる練習とは<ソフトテニス>
≪ソフトテニス≫強い左利き後衛の特徴

▼おすすめ記事
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.