ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

すぐできる!相手のボールが早い時の簡単な対処の考え方≪ソフトテニス≫

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは。テンです。

今日は相手のボールが早くて打ち返せませんというお話です。大体この手の話をすると、「早くラケットを引いて」とか、「来るボールを予測して」といわれるのではないでしょうか。ええ。その通りなんです。そのアドバイス私も受けてきましたし、してきました。そして今でもそのアドバイスは間違いないと思っています。

・・・ですが今回は切り口を変えて皆さんにお伝えしようと思います。

それは、「相手が打ち返すことができないほどいい球を打ってきたということは自分がその前に打った球の質が悪かった」と考えようという話です。今はラケットの性能がとてもよくなっているので、どんなに速くラケット引いても、予測ができたとしても打ち返せないボールというのは出てきます。特に前衛なんかは反応スピードを超えるパッシングとかもあるでしょう。それに対してもっと早く動かないと、反応しないとと考えるのはなかなか難しい。それにこの従来言われてきたことはその場しのぎの「対処療法」でしかなく、取れないボールを打たれてしまうので結局ボールが返ったとしても次のボールも攻められてしまうのです。風邪になってから薬をもらうという発想です。

そうではなくてそもそもそのような攻撃的なボールを打たせない、または打ってもミスさせるように自分が前のボールを打てばいいとは思いませんか?例えるなら風邪をひく前に手洗いうがいをして風邪をひかないようにするってことです。そのほうが辛くないですよね?対処も楽ですよね?という話です。もちろん予防してたって打たれることはあります。それはもうしょうがない。でもそれが何回も何回も続くようだったらあなたの前のボールの配球が悪いことになります。ですが技術が身についてきたら相手の得意な形をどれだけ崩して試合をするかが大切になってくるのでこの考え方を普段から身に着けておくのはとても有効だなと思いますね。

これを突き詰めていくと一番最初にボールを触るサーブとレシーブがいかに重要かがわかりますね!

以上、角度を変えて考えてみましょうという話でした。

▼ソフトテニスに関するおすすめ記事
プロコーチが勧める練習!?たった一言で判断能力が上がる練習とは<ソフトテニス>
最初の楽しいの山を一つ越えた先の「楽しさ」を感じてほしいと思って書いてみた<ソフトテニス>
≪ソフトテニス≫雨の日のボールの扱い方

▼おすすめ記事
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.