ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

ソフトテニス初心者向けフォアハンドストローク練習!最初に意識すべきポイントは2つでいい。

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは!テンです。今回はソフトテニス初心者向けストローク練習の記事です。

手出しの一本打ちの練習はソフトテニスのストローク練習の中でも基本的な練習基本的な練習だからこそフォーム、足の使い方、グリップの持ち方などいろいろ気になってしまって、何を意識してストローク練習すればいいか分からなくなりませんか??

そこでテンが初心者のストローク練習の意識すべきポイントを2つに絞って解説していきます。

では早速内容を見ていきましょう!

ざっくりと目次
1 手出しのストローク練習を始める前に~グリップの持ち方それで大丈夫??
2 手出しのストローク練習ではこれを意識すればいい その1
3 手出しのストローク練習ではこれを意識すればいい その2
4 この練習の考え方

1 手出しのストローク練習を始める前に~グリップの持ち方それで大丈夫??

初心者の皆さんグリップの持ち方は教わりましたか??今、ソフトテニス界では「フリーグリップ」というグリップの持ち方は自由であるべき。という考え方がありますが、これは上級者が状況に応じてグリップを使い分けて初めて効果を出す考え方です。この考え方を初心者の方がしてしまうととても危険です。

そのため今回はストロークの基本となる「ウエスタングリップ」の持ち方について分かりやすく説明している動画を紹介してます。まだ教わっていないという方やしっくりしない方は参考にしてください。

日本のトップ選手として活躍していた森田さんが解説している動画です!

グリップの持ち方:もりぞーソフトテニスch
※この動画は右利き用です。左利きの方は逆です。
※見る前にラケットと2色の油性マジックを持っているとよい。

2 手出しのストローク練習ではこれを意識すればいい その1

では、早速本題。ストローク練習で初心者の人はまず「ボールを上手に飛ばす方法」を理解し・練習すべきと考えています。

理由はソフトテニスは体の大きな筋肉を効率的に使わないとボール安定的に飛ばせないからです。ソフトテニスはボールを飛ばして相手コートに入れることで試合が成り立ちます。
そのためまずは体の大きな筋肉をいかにうまく使えるかが大切と考えています。

ボールを飛ばす方法は「体軸を移動させることによって飛ばす」方法と「体軸の回転を使って飛ばす」方法の2種類があります。

手出しのストローク練習で意識するポイントの1つ目は「体軸を移動させることによって飛ばす」 又は「体軸の回転を使って飛ばす」です。

この2つのボールの飛ばし方を理解していない方がいたらまずは☟を見てください。
参考:≪ソフトテニス≫初心者に最初に知ってほしいボールの打ち方について解説していきます!

2-1 体軸を移動させてボールを飛ばす方法

今回は右利きの場合を想定して書きます。左利きの場合は逆と考えていただければOKです。

練習方法!
①ベースラインに垂直に肩幅より足を少し開いて立ちます。

右足のほうに全体重をのせます。左足を右足にくっつけて右足で片足立ちします。この時ラケットも引いておきます。この時右足は棒のように立っているのではなく膝を小さくスクワットする感じに柔らかく曲げておきましょう。

③右利きの場合は①の時の左足位置よりの少し前くらいに腰の高さにバウンドするように球を落としてもらいます(投げるのではなく落とすです)。

④その球タイミングをとって打ちます。打つ時に右足の体重を左足に移動させながら打ちます。ボールを打つ直前に左足は地面につけてください。左足も地面にいたら少し膝が曲がっているといいです。

打ち終わった時には左足に100%体重が乗っている状態にしましょう。打右足が浮いているとすべての体重が左足に乗っている証拠になりますね。

2-2 体軸の回転を使って飛ばす方法

今回は右利きの場合を想定して書きます。左利きの場合は逆と考えていただければOKです。

こちらは体の回転を使います。イメージとしてはフィギュアスケートの回転ジャンプのようなイメージですね。まずは打ち出す法と逆に体幹をグッとひねり、そのひねり戻しの力で打ちます。

練習方法!
①ベースラインに平行に肩幅より足を少し開いて立ちます。

②そのまま足を動かさずに90度時計回りに体をひねります。この時に体の真ん中が一つの棒であることをイメージしてその棒をひねるイメージです(腰だけとか肩だけとかにならないよう注意!)。そうすると自然とラケットが後ろにあるのが分かると思います。この時、足は棒立ちではなく、膝を軽く屈伸をするように曲げてください

③右利きの場合は右足の少し前くらいに腰の高さにバウンドするように球を落としてもらいます(投げるのではなく落とすです)。

④出されたボールを腕の力は使わずにひねられた体をもとに戻す力を使ってボールを飛ばします。
ボールを飛ばす方向は体の回転がしっかり使えていないと飛ばせない流し方向にボールを飛ばしてください(右利きの場合は自分より右側、左利きの場合は自分より左側)。

⑤最後は体がしっかり前を向いて終わってください。

この練習については☟の記事で紹介している①Soft Tennis Movieの動画の前半6分くらいがこの練習をしています。強豪校出身の実績のある選手がデモンストレーションしているので参考にしてみてください!
参考:友人がテニスを始める場合に見せたい動画を3つ選んでみた。ストローク編≪ソフトテニス≫

3 手出しの一本打ちではこれを意識すればいい その2

もうひとつ意識してほしいのがラケットとボールがどのように当たっているかを意識しながら打つことです。

フラット面(ラケット面と地面が垂直)でボールの真後ろを打つようにスイングします。ボールはラケットにあたっている瞬間にどの方向に飛ぶかや、どのような回転がかかるのかがほぼ決まります。そのため、まずは最も基本的なフラット面で、ボールの真後ろを当てるように意識してください。

最初はきれいな回転がかからないかもしれないですが、気にしないでください。ボールを気持ちよくとらえてスパン!といい音が行ったらフラット面でボールを打てている証拠です。

一番簡単にフラットで打つには先に打つ打点で面を作っておくことです。そこからその形のまま余計な動きをせずに最短距離でテイクバック(ラケットを引く)してその面を崩さないようにして打てば面が地面に対して垂直なまま打てますよね。
面を先に作っておく。そこからテイクバックして、先ほど面を作ったところで打つ。あとはボールをよく見て、ボールの真後ろを打つ。まずはこれを試してみてください。今回は止まって打つので自分が打ちやすいところにあらかじめ移動しておいてから打ちましょう!

4 この練習についての補足とアドバイス

今回手出しの一本打ちをするときには2つのことだけを意識しようということで2パターン紹介しました。

①体軸の移動+ラケットの面とボールの当たり方を意識する。
②体軸の回転+ラケットの面とボールの当たり方を意識する。

これの練習についてもう少し補足しておきますね。
≪アドバイス≫
〇これでもまだ難しいと思ったら、まずは「体軸の移動」または「体軸の回転」だけを意識するでOKです。まずは体の使い方をマスターしていきましょう!

〇ボールをただ多く打てばいいわけではないです。1球1球意識しながら打ちましょう。その1球1球があなたの経験値になります。適当に打っても、意識しながら打っても同じ時間と同じ労力を使いますがそこから得られる経験値が違います。どうせやるなら上手になるようにやりましょうよ!

〇まずはこれらを意識して最低500球はボールを打ちましょう!それくらい打てば何となく体のスムーズな動かし方が分かると思います。

≪補足≫
〇この練習はボールを打つための基礎の部分練習のため実際の試合でこのような体の使い方で打つことはほぼないです。賢い人は感づいていると思いますが、テニスは体軸の移動だけ、体軸の回転だけで打つものではありません。最終的にはこれらを組み合わせて打ちます。そのため、この練習をしている時はボールがコートに入ったかは気にしなくてOKです。まずは「体をしっかり回転させて打てたな」とか、「ボールをフラット面でとらえることができたな」とかの体の動きにができているかに集中してください!

以上がソフトテニス初心者にまず一本うちで練習してほしいことになります。最初から全部上手くいくことはありませんので毎日少しずつ上手くなっていきましょうね!

▼こちらの記事も是非読んでみてください!
まずは自己紹介をします!
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選

▼フォアハンドストロークの次のステップはこちら!
ソフトテニス初心者向けストローク練習!【応用編】

▼バックハンドストロークの基本はこちら!
≪ソフトテニス≫初心者向けバックハンドストロークの練習を紹介します!

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.