ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

上達するには人から学べ!上級者やコーチに個別に教えてもらおう!≪ソフトテニス≫

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは。

テンです。

さてさて、今回は上達を早めるために上級者や経験の長い先輩に教えてもらおう!という話です。

私は現在、クラブチームに入っていて中学や高校生の選手が親の送り迎えで一緒にクラブの練習に毎週のように来るんです。いつも熱心だなと感心しています。親御さんも大変なところ送り迎えもし、ボール拾いも手伝ってくれます。いやはや。もう頭が上がらないですね。

ただ!とても残念なことがあります。

そのクラブにはインターハイに過去出場した大学生や、今なお現役でやっている指導熱心な方、国体選手だった方、そして私(笑)など誰の目から見ても中学生より高い技術をもっていて、誰が教わっても勉強になるような知識を持ち合わせている方がいるのですが、誰もその方に個人的に話しかけて教わろうとしないことがとても残念です。まぁ私を入れましたが私も教わる立場の時もあるのでテンはおいといて。。

ソフトテニスでこのように中学生や高校生などに交じってテニスしている人や講習会を仕切っている大人は、十中八九テニス好きで、若者好きですよ(笑)。他にも、ソフトテニスって場所によっては地区ごとに練習会やってたり、休日学校に指導しに来てくれる人がいたりするようです。そんな人はテニス好きで教えたくてしょうがない人ですよ(笑)だってソフトテニス教室開いても、学校で教えてもボランティアで金にならないですもん。(笑)

ぜひそのような人の中に上級者やコーチ経験が豊かな人がいれば一回話しかけて教えてもらいましょう。きっと丁寧にアドバイスをくれると思いますよ。もし一回教わって合わないなと思ったら次回は他の人に聞けばいいだけです。教えてもらうチャンスがあるのに教えてもらわないのはとてももったいないです。

・・・怖いし話しかけ方が分からない?その気持ちはよーくわかります。でも話しかけていたいわけではないですし、最悪無視されるだけです。自分には大した傷はつきません(笑)なので勇気だけです。

話しかけ方ですがそれは簡単でいいんですよ。テンプレを張るのでそのような機会がある人はぜひ話かけて教わってみてください。

①【終わった後】今日はありがとうございました。実は○○が上手くいかない(わからない)のですがどうすればいいか教えていただけませんか?

②【休憩中】休憩中に失礼します。実は先ほどの練習で○○が上手くいかなかった(わからなかった)のですがどうすればいいか教えていただけませんか?

③【練習中】(例えば前後で待っているとき)

こんにちは(またはすいません)。この練習で○○が○○さんみたいにできないのですがどうすればそのようにできますか??

これだけ、たった2行(笑)。もう少し具体的に「〇○さんみたいにボールが深く飛ばないのですが、とか上手に打点にはいれないのですが」とはいえるとなお良いです。

これで面倒見のいい方は教えてくれます。というかソフトテニスを好きでやっている大人はこれを一回言えば、あとは声かけてくれますよ。呼んでないのに(笑)、熱心にやっているからもっと教えてあげようって。もしそうではなくても2回目って心理的ハードル下がるから自分から声かけやすくなっていますよ!

これで合わないなと思ったらその場はありがとうございます。だけ言えばいいですし、この人にさらに教わりたいと思ったら「後もう一つ聞きたいことあるんですが」と続ければよいだけです。

YouTubeの動画を見るのはもちろん勉強になりますが、皆さんが見ている動画は大体が上手い人のプレイ動画じゃないですか?プレイ動画見ても見ても高等技術をいとも簡単そうにやるので最初は技術を学ぶという意味では役には立たないです。もちろん、モチベーションを高めたり、将来のイメージを膨らませるのには役に立つと思います。実際私も上手い人の試合見るの大好きです(笑)


もちろん動画の中には基礎を教えて丁寧に教えてくれる良質なコンテンツもありますが、身近な上手い人に教えてもらいながら練習するのが一番上達します。だって不特定多数の人に向けてではなく、あなたに向けてのアドバイスですから。上手な人、指導経験が豊富な人は言い回しや指導方法が個々に多少違ってもあなたが上手くなるためのヒントを教えてくれますよ!

勇気を絞って声をかけましょう!レッツトライ!


▼ほかにも練習中などに意識してほしいことをまとめました!
練習には2種類ある!?「試合を想定した練習」「技術習得の練習」の使い分けとは≪ソフトテニス≫
強い選手が練習後にやっているある「習慣」とは??≪ソフトテニス≫
乱打で差がつく!乱打をするときに意識するポイントと、目的別乱打の紹介≪ソフトテニス≫
いつの間にか差がついている!?メキメキとテニスが上達していく選手の特徴3つ≪ソフトテニス≫

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.