ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

≪ソフトテニス≫強い左利き後衛の特徴

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは。テンです。

今日は左利きの選手に向けての記事です。何を隠そう私が左利きです。

さて、左利き後衛の戦術を考えてほしいと思います。

私もわかるのですが、通常、練習って右利きに多い展開の練習多いですよね。戦術に関しても右利きを基本とした戦術がメインとなった情報が多いですね。右利きのほうが多いので仕方がないといえばそうなのですが、左利きが右利きと同じ戦い方をしていたら「不利」です。左利きとしてどう戦えばいいかをお教えします。

左利きの鉄則①ストレート、クロス、逆クロスの順番で得意と言えるようになろう。

え?逆クロスが左利きの特徴じゃないの?と思う方。いい反応ですね。左利きにとって逆クロスは右利きのクロスと同じ。すなわち引っ張りのいい球を打ちやすいコースです。

確かにこのコースは左利きに圧倒的有利なコースです。・・・がしかし、この展開にいつなるんですか?まず自分がレシーブの時って常にクロス側にいるから「相手がロブを撃たないと」逆クロスの展開にならないんです。でサーブの時ですが半分は左ストレートに立ってますよね。味方後衛サーブ相手後衛レシーブは自分がロブを撃てば逆クロス展開になりますね。次に自分サーブ相手前衛レシーブですが、これは3本目普通逆クロスロブは打たないですよね。前衛が前に詰め切っていないので。となると後衛側に撃ってそれがストレートに帰ってきて次の球で初めて前衛を超えるロブを打って逆クロス展開になるんです。。。5本打って初めて逆クロス展開ですよ?そう。逆クロス展開ってほとんどないんです。もちろん、ここぞと逆クロス展開になった時のために練習はしておく必要はありますけどね。確率の問題です。まずはテニスの展開は、ストレート展開が45%、クロス展開が45%くらいで逆クロスは10%くらいなんだなと覚えておいてください。

左利きの鉄則②ストレート展開に強くなれ!

実は右利きでストレートが一番得意って人はあんまり聞かないんです。大体がクロス、たまに逆クロス得意という人もいるかなという感じです。なのでストレートが得意だと同レベルにおいて45パーセントの展開で相手より有利に試合運びできることになります(今は右、左ストレートっていうのは関係なく)。左利きの強い選手の動画見てみてください(最近だと尽誠学園の白川選手とか高田商業の山本選手とか)。ストレートの打ち合いに強いです。ストレートは距離が短いので難しいですがしっかり自分のものにできると強いですよ。

左利きの鉄則③クロス展開はダブルスコートを狙うな。ミドル寄りに打て!

あとはクロス展開をどうするかということですが、右利きの場合ですと後衛は引っ張りにより勢いのあるボールを飛ばすことができるのでダブルスコート内を狙ってラリーをします。これはのコースは前衛からも遠く届きにくいというメリットもあります。

では左利きの狙いどころですが、実力差があれば右利きと同じコースを狙えばいいんですが、同レベル同士だと、流し(左利き)の威力は引っ張り(右利き)には勝てないんですよね。そして左利きは回り込まなければいけないですし。なので右利きのようにクロスのダブルスコートを狙って試合するのは「不利」と思ってください。

では左利きの後衛はどうすればいいかなのですが、狙いどころは3つあります。

1つ目はストレートパス。左利きのクロスの引っ張りって「ストレート」ですよね。追い詰められる前に前衛にぶつけてしまう。前衛も左利きのストレートはボレーしようと狙っているのでガチンコの勝負になります。これが1つ目。コースを変えることになるので初心者には難しいかもしれませんがこのコースは左利きとして確実に打てるようにしておきたいコースです。

2つ目はクロスコートの真ん中に打つことでラリーをする。大体センターラインとサイドラインの真ん中あたりですね。それじゃあ前衛にとられちゃうんじゃないの?って思うかもしれないのですが、前衛はいつ来るかわからないストレートを守っているケースが多いので意外とボールに触ることができません。そしてここに打つと右利き後衛は回り込みが必要になったり、ボールに角度がつけられないのでクロスに返球が来たとしても右利き有利になりにくいんです。左利きがクロス展開で最もやってはいけないことは右利きに角度のきつい強打打たせてしまうことです。自分の打つコースをクロスだけれどもクロスの真ん中あたりに打つことで相手が角度のあるボールを打てなくすることは有効です。これで、クロスでも打ちあうことができます。左利きはクロスで不用意にダブルスコート狙っちゃだめですよ?

3つ目はYouTubeに上がっているような全国上位のレベルではあまり見ない光景ですが地区大会、県大会だと前衛の頭を超す「ロブ」がとても有効です。ロブなのでリスクは低いボールにも関わらず、相手を走らせてなおかつバックか回り込みで打たせる。この中で一番難易度が低く、かつ効果的ですので必ずマスターしましょう。

ハイ、極意をまとめると

  • ストレート展開に強くなるべし
  • クロス展開はクロスの真ん中を狙うべし
  • クロス展開で前衛パッシングの練習とロブを身に着けるべし。

です。さぁ、やってみましょう!

▼サウスポー関連の記事です。
≪ソフトテニス≫結局右利きより左利き後衛のほうが強い(有利)なのかについて考えてみた。
現役左利きプレーヤーが教える!左利き後衛のタイプ3種類とその対応方法!≪ソフトテニス≫

▼テニスの上達についての記事です。
いつの間にか差がついている!?メキメキとテニスが上達していく選手の特徴3つ≪ソフトテニス≫

▼おすすめ記事
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.