ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

ソフトテニス上達の打ち方・コツ5選(ロブ編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは。テンです。今回の記事ではソフトテニスにおけるロブの打ち方のコツを紹介したいと思います。
ロブが効果的に使えるようになるとプレーの幅が広がるので、さらにテニスを楽しむことができますよ!

この記事を読んでほしい方(初心者~中級者向け)
・ロブを試合で使いたいけど使いどころが分からない方
・ロブが前衛につかまりやすい方
・しのぎのロブが浅くなってしまう方
≪この記事で学べること ≫
・2種類のロブ(攻めと守り)のコツが分かります。
・攻めのロブで相手前衛にとられることなく後衛を走らせることができます。
・相手に攻められてもしっかりと深いボールをつなぐことができるようになります。



1 ソフトテニスのロブの種類について(攻めのロブと守りのロブ)

ソフトテニスにおいてロブは主に2つの目的で使われます。
1つ目は相手前衛の頭上を抜き後衛を走らせる
攻めのロブ、2つ目は相手に強打を打たれた時に後衛前に返す守りのロブです。

攻めのロブは相手を走らせることによって相手のミスを誘う技術です。特に初心者~中級者の方にとっては主要な攻撃パターンの1つとなるので得意になるように練習したい技術です。

守りのロブは相手に攻められたときに一度相手にロブで返すことによって
自分からミスをしないための技術です。先にミスをしたほうが負ける初心者~中級者レベルの戦いではいかにミスをしないで闘うことができるかが勝敗を分ける場合が多いです。
守りのロブは見た目より難しい技術ですが、守りのロブを覚え、ミスを減らすことでゲームを進めることができるでしょう。

ではこれから2種類のロブについて打ち方・使い方のコツを説明していきます。

2 ロブの打ち方とコツ①ボールにドライブ回転をかける(攻撃)

ロブで一番大切なことはドライブ回転をかけることでボールを落としていくことです。ボールにドライブ回転をかけるコツは5つあります。

ドライブ回転をかけるコツ
①無理にドライブ回転をかけようとしない(手首をこねたり、足で伸び上がったりしない)
②ボールの下から斜め上方向にスイングしていく
③フラット面でボールを捉える
④自分が打てる打点にしっかり入る
⑤インパクトの瞬間にラケットを握る


☟ドライブ回転をかけるコツを詳しく解説した記事も作成していますので参考にどうぞ。

3 ロブの打ち方とコツ②シュートを打てる態勢を作る(攻撃)

前衛の頭上を越す攻撃的のロブで一番重要なことは「相手前衛にロブを読まれない」ことです。相手前衛にロブを読まると相手はスマッシュを狙うことができます。

そのため、ロブを読まれないようにプレーをする必要があるのですが、その時に重要なポイントは
「シュートボールを打ってくる」と相手前衛に思わせることです。

シュートボールを打つと思わせれば相手はネットに張り付きシュートボールに対して構えます。そこでロブを打つことができれば、ロブは想定外のボールであるため低く飛んでも相手は反応できません。そのため多少軌道が低くても簡単にロブを通すことができます。

4 ロブの打ち方とコツ③態勢が崩れている時は打たない(攻撃)

上のコツ②にも通じることになりますが、態勢が崩れている時に相手前衛をこすロブを打つのは極力避けましょう。

態勢が崩れていると、、、

・態勢が崩れていると前衛に読まれやすい。
・自身の態勢が崩れているのでロブの制度が悪くなり、
ボールが浅くなったり、低くなったりしやすい。


以上のような理由によってロブが前衛にとられてしまう場合があるからです。

態勢が崩れている場合は頭越しのロブは狙わずに前衛につかまらないように後衛に返球することを心がけましょう!
意外とミドルのロブも有効ですので、試してみてもいいと思います

5 ロブの打ち方とコツ④ボールを深く返す(守り)

守りのロブで一番大切なことは「深さ」です。深い後衛の前のロブは実は相手にとっては攻めにくいボールとなります。

深いロブは相手の力を利用して打つことができず、ネットからも遠いので実は決定打になるボールが打ちにくいのです。

守りのロブの理想は
相手がベースラインよりもラケット1本分以上後ろの位置からボールを打たなければいけない状況を作ることです。それくらい深いと相手も簡単には攻めることができません。

6 ロブの打ち方とコツ⑤打点を落として後ろで打つ(守り)

まずは下の動画の4:47の北本選手の打っている守りのロブを見てください。
乱打の中の1球のため一瞬ですが、下の動画の注目ポイントを確認しつつ繰り返し見てください。
※動画はSoft Tennis Movie[ソフムビ] より参照

動画の注目ポイント
・シュートを打っている時より打点を少し下げて、下から振りぬくことでドライブをかけている
シュートを打つ打点より少し後ろの打点で打っている
・打点が後ろのため、
軸足(右足)を中心に体を回転させて打っているので左足が後ろ側に着地している

守りのロブを使う場合は相手のボールが深く、威力があるときであるため、通常のストロークのようにはなかなか打てません。

そのため相手のボールをカウンターで返すのではなく、相手の
ボールの威力を体で吸収し、いなして返球するというイメージを持って打ちましょう!

守りのロブのポイント!
打点を少し落として後ろで打つ
⇒相手の深くて速い球を打点を前にして打つのは難しいので打点を落とし、後ろにすることで時間を稼ぎ、返球の難易度を下げます。また、打点を下げることでドライブ回転をかけやすくします。
軸足で回転して打つ
⇒打点が後ろのため、前に踏み込んでしまうとコントロールできずミスにつながります。そのため前に踏み込まないで
軸足で体を回転させた力を使って返球します。体の回転で打つためオープンスタンスになり左足(右利きの場合)の着地が体の横又は後ろになります。

7 ソフトテニスのロブの打ち方とコツ(まとめ)

ロブの打ち方とコツのまとめです。

【コースを変更する攻撃的なロブを打つ場合のコツ】
①ボールにドライブ回転をかける
②シュートを打てる態勢を作る
③態勢が崩れている時は打たない

【守りのロブを打つ場合のコツ】
①ボールを深く返す
②打点を落として後ろにすることでドライブ回転をかける
③軸足で回転して打つ


ロブの目的によってコツや打ち方が違いますので注意が必要です。
特に守りのロブはいつもと体の使い方が違うので中級者向けの技術といえます。

この2つのロブを使えるとミスが減り、攻撃パターンが増えるので試合をいつもより有利に進めることができるので練習してみてください。

今回の記事は以上です!

▼おすすめ記事
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選

▼ストローク関連記事記事
ソフトテニス初心者向けフォアハンドストローク練習!最初に意識すべきポイントは2つでいい。
≪ソフトテニス≫初心者向けバックハンドストロークの練習を紹介します!

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.