ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

≪ソフトテニス≫レシーブが苦手を克服する練習方法を紹介します。

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは、テンです。今日はレシーブ練習についてまとめてみました。
レシーブはストロークと似ていますがみっちり練習が必要なプレーの一つです。日々の練習でしっかりレシーブ練習をしていきましょう!

ざっくり目次です。

1 レシーブ練習のボール出しについて

サービスが入らない。これはレシーブ練習のあるあるだと思います。当然ながらサービスコートに入れないとレシーブ練習になりませんよね。そんな時に私がやっていた方法2つを紹介します。

①サービスラインとベースラインの間から距離を短くして打つ。
あくまでレシーブ練習なのでサービスは入ればよいということでこのように練習をしていました。少し違和感がある練習かもしれませんが、前からサービスを打つことによって体感スピードは上がりますのでいい練習になります。

②椅子などの上から打つことで確率を上げる。ただし、これは危険が伴いますので体を使って威力を出すサーブなどは打てません。私は当時ストレッチ用のマットを積み重ねてそのうえから危険がない程度にサービスを打っていました。
もし②の方法でレシーブ練習をする場合は足元に十分注意してください。

サーブの確率が悪いと練習になりません。普通にサーブを打って練習になることがもちろん理想ですが、このように工夫してレシーブ練習を行ってみてください!
※特にファーストサーブのレシーブ練習

2 レシーブ練習の方法

効率よく練習!

①レシーブだけを連続で行う(1コートで2コース)
最もスタンダードなレシーブ練習です。例えばファーストサービス5本、セカンドサービス5本のレシーブをして他の人と交換していくという練習です。

②前衛を前に付けてレシーブ練習(後衛サーブ想定)(1コートで2コース)
セカンドサーブの前衛アタックと前衛の頭を超すロブの練習です。この2つに関しては実際に前に立ってもらったほうがイメージがつきやすいので立ってもらって練習すると良いでしょう。
ただし、2コースで行う場合、決め打ち練習にしておかないと他の人に当ててしまう危険があるので注意が必要です。

③サービスダッシュしてくる前衛にアタックする、ミドルに打つ(1コートで2コース)
セカンドサービスダッシュを想定して、前衛にぶつける、ショートクロス、ミドルを打つ練習です、これも②と同じで2コースでやる場合は決め打ちで行わなければ危ないです。

④4本目まで練習する(1コートで2コース)
レシーブを返球したタイミングで半面にもう1球球出ししてもらって返球する練習です。1回で2球打つ練習です。
自分のポジションへしっかり入り返球する練習になります。

参考記事:
あまり知られてない!?○本目までを制するペアが試合を制する!?<ソフトテニス>

試合を想定して練習

⑤4本目までのゲーム形式。4本目までのラリーを想定したレシーブ練習。好きなところに打ってよい、ボール出しは返球されたボールを相手後衛に返球する。ただし、レシーブ側の練習なので返球が難しい場合は球の落下点まで行き、球出しをするでOK無理はしない 。
レベルにあせてしっかり練習できるスタイルでやりましょう。

3 マスターしたいレシーブのコースの一覧

続いて打てるようになりたいレシーブのコースとそのコースの使い時について解説していきます。難易度を星の数で表します。星の少ないコースから練習していき、打てるコースを増やしていきましょう。

(後衛)
クロス(難易度:★)
ポイント:攻めるとき(シュート)も守るとき(後衛サーブの時にロブ)も使えるコースです。ただし深いボールでないと逆襲されます。前衛も深いレシーブであれば勝負をかけることができます。最初のうちはこのコースを練習していきましょう。

ストレートロブ(難易度:★★)
ポイント:基本的には後衛サーブの時の攻めのボールになります。ネットとの距離が短いのでしっかり回転をかけて高さを出していかないと前衛に引っかかります。しかし、ボールが通れば相手後衛は右利きの場合、バックなのでリスクが少なく攻められるコースです。

ストレート(パス)(難易度:★★★)
ポイント:前衛サーブの際は後衛のバック、後衛サーブの時は前衛にパッシングできるコースです。2本線(ダブルスコート)にしっかり攻めるボールが打てるようになるとかなり有効です。クロスに比べてコース変更と距離が短いので難しいですが、積極的に練習してみてください。
試合でパッシングする場合は前衛に伝えておいてフォロー体制を万全にしておくことを忘れずに!

ミドル(難易度:★★★)
ポイント:攻めのボールです、甘く入ると前衛にとられてしまうのでしっかり打ち切りましょう。攻めることができればとても有効なコースです。上の基本の3コースがマスターできれたら是非練習しておきたいコースです。また、ミドルを狙う場合は、相手前衛を付けると練習効果が上がりますよ。

ショートクロス(難易度:★★★★~★★★★★)
ポイント:使いどころとしては相手前衛のサービスダッシュの際に不意を突いて狙う感じでしょうか。1試合で使える場面は1~2回程度でしょうが、余裕があれば練習しておきたいコースです。ショートクロスを相手が警戒してくれればミドルが通りやすくなります。
このコースは余裕があったら練習してください。
また、このコースはカットサービスの相手にも有効な数少ないコースです。もし、カットサービス対策をしたいのであればこのショートクロスが有効でしょう。ただし、難しいので★5こにしました。


番外編① ツイスト
ポイント:打てるに越したことはありませんがダブルスではあまり使い道がないです。上の5種のレシーブをマスターした後に身に着けるのがいいでしょう。

番外編② カットレシーブ
ポイント:シングルスやインドアでたまに見ます。これもそこまで使い道がないので上の5種のレシーブができた後に取り組んでみてはいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか。レシーブ練習だけでもいろいろと工夫できますね。普段の練習でどこまで試合を想定して練習できるかはとても大事ななので上記を参考にしながら自分は何の練習をするのがベストなのかを考えていきましょう!

現場からは以上です!

▼サーブレシーブに関する記事なので是非読んでみてください。
≪ソフトテニス≫レシーブの基本練習とコツについて紹介していきます!
≪ソフトテニス≫初心者にサーブのコツを伝授します!

▼おすすめ記事
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.