ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

「ソフトテニス」でカットサーブを返球するコツ

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは。テンです。
最近では高校生でもWフォワードをやるペアが出てきたり、インドアで大会をすることも増えてきたのでカットサーブを目にする機会が増えたのではないでしょうか??
ということで今日はカットサーブの返球のコツをご紹介します。

目次
①まずはカットサーブのことを知る。
②サーブの返球が苦手な選手の特徴
③返球する時のコツは?
④慣れてきたらコースを狙おう!

①まずはカットサーブのことを知る。

カットサーブはその回転のかけ方によって変化の仕方が異なります。大体のブログで見ると左利きと右利きの2パターンしか乗っていないのですが、このブログでは4パターン抑えておきます。

まずは利き腕。カットサーブは「どちらに曲がるか」がレシーブをするうえで大切になります。これは基本中の基本なので抑えておきましょう。
右利き⇒バウンド後「左」に曲がります。=右利きフォアの場合体に近づいてきます。
左利き⇒バウンド後「右」に曲がります。=右利きフォアの場合、体から離れていきます。

次に回転が「横」なのか「縦」なのかを見極めます。
「横」の場合⇒バウンド後、曲がる変化(角度)が大きくなります。
「縦」の場合⇒バウンド後、はねなくなります。
※因みに斜め回転はちょうど間くらいなので、斜め回転~縦回転を使ってカットサーブをしている選手が多いと思います。

まずはカットサーブを知るという意味でこれだけ覚えていればいいと思います。

②サーブの返球が苦手な選手の特徴


カットサービスのレシーブをミスしてしまう原因として挙げられるのが
A 相手のサーブがかなり良い
B カットサーブについて理解できていない
C しっかり打点に入れていない

のどれかである場合がほとんどです。
Aについては相手のことなのでもうしょうがないのですが、BとCについては自分次第なので修正ができます。

Bについては上の①を読んでいただければOKですよね。曲がる方向が分からないとか思ったより曲がってこない、跳ねないなんてとかは相手のサービスの特徴をとらえれば分かることなので、①のカットサーブの原理を覚えましょう。

Cについてですが、カットサーブが理解できてるのに返せない人はほぼこれだと思います。サーブが思ったより短いのに前に行かなかったり、曲がる方向が分かっているのに体を動かさないで手だけで入れようとしてしまったり、大体がこのパターンです。
逆にいうと⇒打点に入ればサービスエースはとられないし、返球ができる!ということです。

③返球する時のコツは?

返球する時に気を付けることは、
Aしっかりと打点に入ること
B少し打点を後ろにすること
Cコンパクトにライジング気味に打つことの3つです。


打点に入るはテニスの基本中の基本でこれはストロークでもスマッシュでも同じですよね。カットサーブはボールが比較的遅いのでおろそかになりがちですが、やはり打点に入るは基本です。しっかりと回転を見極めて打点に入りましょう。


少し打点を後ろにすると面が上を向くのでボールが上がりやすくなりますのでネットを越えるのが楽になります。逆に打点が前になると面がかぶってしまいネットしやすいです。そのため、少し打点を遅らせる意識を持ったほうが返しやすいです。


コンパクトにするのはネットに近いので大きく構えてしまうと力を持て余して手首で調整してミスしてしまうから。ライジング気味のほうがいいのは少しでも高いところでとらえたほうがネットする確率が減るからです。ただ、ライジングは難しいのでまずは打点にしっかり入ってコンパクトにスイングしてボールを入れることから始めるといいです。

④慣れてきたらコースを狙おう!

カットサーブを使ってくるのはWフォワードのペアが多いと思いますので、Wフォワードを想定しましょう。
狙いどころとしては基本的には「短いボール」になります。スピードはいりません。
これは練習が必要ですが、Wフォワードは基本的に上がってボールを叩くことでポイントを稼ぐ攻撃型の陣形です。そのため相手はネットより上でボールに触って得点をしたいと考えます。ネットより下でボールを触るとボールをあげなければネットを越えないので攻撃的なボレーができないのです。
そのためショートボールで相手の足元付近を狙っていくのが効果的です。この時、速さは求めません。あくまで相手に「ネットより下」で触らせることが大切です。基本的にはサーブをする側がネットまでの詰めが甘いので足元を狙いやすいと思います。

もう一つの狙いどころはミドルです。Wフォワードのレシーブの返球は反応がとても大切で基本的には自分の体の近くに来たボールを狙おうと思っているのでミドルは「反射神経」でとらざるを得ない(読んでれば別ですが)ことが多いので思いっきり攻めた返球はしてこないことが多く、また連携が上手く取れてないのミドルでポイントをとることができます。特にミドルはサーブを打った側が基本的には意識しなければいけないのでサーブを打った人がミドルをとらない場合はかなり狙いどころです。

この2コースを軸にして、たまーに打たなかったストレートやミドルへのロブなどを混ぜると効果的です!

カットサーブを打ってくる人は多くはないですが、確実にいるので対策をしておく必要はあります。
是非参考にしてもらって、カット対策してくださいね!

▼おすすめ記事
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選

▼サーブ・レシーブ関連の記事です。
【ソフトテニス】テニス上級者のサーブはこれだ!サーブの種類についての考察
≪ソフトテニス≫【後衛編】4本目までに攻撃する!

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.