ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

コートが使えないときどうする??テニスコートの外でこっそり上達しよう!≪ソフトテニス≫

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは。テンです。

テニスを始めて最初って上手くなりたいって思いながら、上手くなっている自分を夢見ながら生き生きと練習しますよね。とてもいいことです。その気持ちを大事にしましょう!

さて今回はそんなあなたが家でできるレベルアップの練習法をご紹介します。いえで少し場所があればできる練習なのでもしよかったらやってみてください。

○場所がない場合
例えば家の中などですね。あんまり場所がないところでできる練習です。

・サーブのトスを上げる練習。これは簡単だろと思っているでしょうが意外と同じところに同じ高さでトスを上げるのは難しいです。地味な練習ではありますが、初心者の方が家で練習するにはとても効果がある練習だと思いますよ。1日50回ボールを上げる練習をすれば、サーブに関しては他の部員より上手くなるでしょう。

・構えとスプリットステップの練習。スプリットステップって意外と軽視されがちですが、テニスの場合、ボールを追うのに走りの速さは関係ありません。一回に走る距離が短いので反応の速さがものを言います。その反応の速度を速めるためにはボールを待つ構えとスプリットステップが大切です。何でこれを練習するの?となりますが。初心者の方ってテニスのボールを待つ姿勢って普段あまりしないんですね。そうすると最初は使わない筋肉を使うことになるので疲れちゃって練習でさぼりがちになってしまいます。なので家で⇒スプリットステップ⇒ラケットを持たず素振りを繰り返し行っておくと必要な筋肉はつき、体はその動きを覚えるので練習中に無意識にできるようになります。これも50回くらい続けてやれると無意識でできるようになるのではないかと思います。

○外での練習(一定の距離が取れる場合)

・テンのおすすめはテニスボールでのキャッチボールです。相手がいればだれかとやってもいいですし、一人でも何か壁か何かがあればそこに向かって投げればいいです。理由はソフトテニスと野球のボールの投げは体の使い方、特に腕の使い方が同じだからです。投げる前に横向きになって腕⇒肘⇒手首⇒指先の順で出してスムーズに腕を振ることはストロークはもちろんローボレーやサーブなんかも共通するのでお勧めです。

・外の練習ができるのであれば他はフットワークの練習をしてもらえるといいです。ラダーって知ってますか?知らない人は下にリンク張っておくのでみてください。フットワークを鍛えたり、瞬発力や敏捷性を鍛える運動です。一人だと多少躊躇してしまうかもしれませんがやる価値はありです。動きも様々あるので面白いですよ?自主練でやるのはもちろん、部活の雨の日に体育館や使えるのであれば教室などで部員でやるのもいいとおもいます。詳しくは以下のリングを見てくださね。
ラダーとは?HP

 ・ポンポン(ボレーボレー)
一番コート外でできて実用的なのはこれですね。ただ、ボレーをつなげるのは初心者では難しいので、地面にワンバウンドさせて相手とつなげてみましょう。大会前のアップでやってる人たまに見かけます。レベルが上がったらノーバウンドで続けるボレーボレーをしてみましょう。これは結構難しいので周りに迷惑をかけないように広いところでやってくださいね。ボレーボレーの注意点は相手との間にネットがあることを想定してやったほうがより効果的ってことですね。

○やり方を工夫してほしい練習
・素振り
やり方によるかなと思っています。初心者がやりがちなぶんぶんラケットを振り回すような素振りはおすすめしません。変な癖がついてしまう可能性がありますし、そのような素振りはラケット面が安定していない場合が多いです。
素振りはスローで一つ一つ確認しながら丁寧に素振りをするのであればまだいいとおもいます。テニスはフォームがいいからボールが打てるわけではなく、良いインパクトでボールを打てるから、よい体の使い方をするからボールは飛んでいくので、そこは実際にボールを打って感覚で覚えていったほうが良いというのが持論です。あとはフットワークを鍛えることを軸において素振りをするのであれば必要な筋肉が鍛えられるので良いかなと思います。

○全くおすすめできない練習
・ゴムひも付きボールのでのラリー
どこにどう返ってくるか良く分かりませんし、本番とかなり違います。続けるために変な体制で適当に打ちがちです。また、練習場所がしたがコンクリートの平面でないとそもそもかえって来ない場合もあります。強いて使うならボールをもって打つ球出しのような練習であればいいと思いますが。続ける練習にはなりません。

このように書いてみるとなかなかコート外での練習というのは難しいですね。しかし、テニスはボールを打っている時間よりボールを打っていない時間のほうがはるかに多いです。そのためボールを打っていないときの動きが上達を助けます。ぜひコートが使えないときは無理にボールを打つのではなくコートの外でできることの中で効果が高い練習をしていきましょう!


▼ソフトテニス関連の記事はこちら
最初の楽しいの山を一つ越えた先の「楽しさ」を感じてほしいと思って書いてみた<ソフトテニス>
試合の振り返りに役立つスコアの付け方≪ソフトテニス

▼おすすめ記事
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.