ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

≪ソフトテニス≫スマッシュの打ち方の基本と練習方法をマスターできます!

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは!テンです。
今回はソフトテニスの中でも難しいけど決まったらかっこいいスマッシュの技術と練習について基礎から解説していきたいと思います!
テンは後衛なのでスマッシュは打てるけどそこまで教える技術がないので今回の記事はテンの経験と人気YouTuber方(実績も折り紙付き!)の動画で参考になりそうな内容をまとめたような記事になります。
そのため逆に信憑性が高いかも(笑)です。

1 この記事で学べること!

◎スマッシュの基本をマスターできるようにします。
◎スマッシュの打点に入ることを徹底的に練習します。
◎後ろ⇒前への体重移動をしっかりとマスターします。

特にスマッシュの打点に入ることは上級者が常に意識していることなので「打点に入る意識をするクセ」と「足を動かしてしっかり打点に入る動作」を徹底してください。ここで意識づけできないと成長が確実に遅れてしまいます。逆にできれば他の選手と差をつけることができますよ!

2 まずはスマッシュがなぜ難しいかを考えてみよう!

まず皆さんにお伝えしなければいけないのはスマッシュはテニスの中でも難しい技術の1つであるということです。
主な理由は2つあって
上から落ちてくるボールを打つことが難しい。これは物理で習いますが、上から落下してくるボールって下に落ちてくれば来るほど落下スピードが速くなってくるんですね。ボールの落下速度がはやければ早いほど難しいです。そのため高く打ちがったボールをノーバウンドで相手コートに叩き込むスマッシュはタイミングを合わせて打つのが難しいのです。
②スマッシュはストロークのように自分に対して打たれたボールではなく後衛に返球されたボールを自分で取りにいかなくてはいけないので難しい(読みとボールにいかに入るかが重要)。

この2点が他の技術にはないスマッシュ特徴であり難しさです。そのためこの2つをクリアしていければスマッシュの基本をマスターしたことになりますよ!

3 スマッシュのグリップについて復習しよう!

スマッシュのグリップはイースタングリップ又はセミイースタングリップのどちらかで打ちます。
グリップの持ち方が分からない人はグリップの特徴と持ち方を☟の記事にまとめていますのでこちらで確認してみてください!
≪ソフトテニス≫グリップについて初心者に解説していきます。


4 練習方法をレベル別に紹介

レベル1 グリップになれる

(セミ)イースタングリップに慣れていない場合は、まずイースタングリップに慣れましょう。(セミ)イースタングリップでボールをついてフラットに当たる感覚を覚えてください。この時に手首とラケットの角度を気を付けてくださいね。☟の写真のような角度でボールをついてくださいね!
     

レベル2 キャッチボールをする

まずは体の動きをマスターしていきます。ポイントは野球のボール投げです。
スマッシュの動きとピッチチングの動きは似ています。
☟に大谷選手のスロー動画を張りましたので見てください。

注目してほしいのは
①投げる方向に向かって体が横を向いていること(肩が相手の方向を向いています)。
軸足(右利きの場合は右足)にしっかりに体重を乗せていること。
③投げる(テニスは打つ)ときに体重を移動させる。
④フィニッシュの際には体が前を向いていて、前足に全体重が乗っていること

この4点はスマッシュの時の動きと同じなのでまずはキャッチボールを通してスマッシュの動きを練習していきましょう。あくまで動きの練習なのでボールの飛距離などは関係ありません。丁寧に1つずつできているかを確認しながらキャッチボールをしてください。

レベル3 利き腕と逆の手でボールをキャッチする

こちらはラケットを使わない練習です。ペアになって相手にボールを高く投げてもらいましょう。高く投げてもらったボールをレベル2で練習した注意点を意識し、スマッシュの構えをしながら利き手と反対の手で取ります。この時できるだけ顔の上でボールをキャッチしましょう。打点に入る練習なので手を左右前後に動かしてボールを取るのでは打点にしっかり入れていないことになるので練習の効果が半減してしまいます。慣れてきたらラケット出ししてもらいボールをキャッチしていきましょう。
※ボールをつかむのではなくてヘディングするのも効果的ですよ!

レベル4 ボールを上に打つ練習をする

ボールを上に打つ練習です。スマッシュを最初から打つのは難しいですが、ボールをラケット面にあてるだけであれば比較的簡単です。そのためまずはボールをラケットに当てて上に飛ばす練習をしましょう。この時ただラケットに当てるのではなくてレベル2、3で練習したことを意識して練習を行うと上達が早くなりますよ。

レベル5 ラケットを振りぬいてみる

レベル4までの練習を踏まえてラケットを徐々振りぬいていきましょう。この時のポイントは最初はスピードを上げないでゆっくり当ててからスイングするイメージでやることです。少しずつ慣れてきたところで徐々にスイングのスピードをあげていきましょう。

ここで覚えておいてほしいのがもちろんスマッシュはスピードがあればあるほど高確率でポイントを取ることができますが、当ブログの第一目標である県大会2~3回戦レベルであれば、スピードはそこまで必要ありません。前衛を狙ったり相手のバック側を狙ったりすれば楽にポイントをとることができます。そのためまずはスピードにこだわるのではなく、ネットをしないように打つことが大切です(多少のアウトのミスはOKです)。できるようになってから少しずスピードを上げるのが良いです。

この記事を作成するにあたり参考にした動画

テンは前衛をやっている期間が短かったので自分の経験+YouTubeを見て本記事を作成しました。
この記事の作成に当たり参考にしたYouTubeは☟の2つです

①あゆタロウチャンネル あゆタロウさんの動画

②まさとMASATOさんの動画 
 スマッシュが上手くなりたい人必見!初心者にもおすすめの練習方法とは【ソフトテニス】

いかがでしたでしょうか。スマッシュに取り組もうとしている選手であればすでに初級・中級者かと思います。
試合で前衛の頭を超すロブをとらえてスマッシュでポイントを決めることができれば味方後衛はすごい楽ですし、試合の流れが一気に自分たちに傾きますよ。

スマッシュを身に着けてワンランク上の試合をしましょう!

▼前衛におすすめの記事はこちら!
≪ソフトテニス≫前衛が上達するためのポジション取りとは?(初級・中級者向け)
≪ソフトテニス≫初心者向けボレー練習を紹介します!

▼おすすめ記事
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.