ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

≪ソフトテニス≫初心者に最初に知ってほしいボールの打ち方について解説していきます!

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは。テンです。
今回は、「初心者」のうちにどうしても知っておいてほしいボールの飛ばし方について説明をしていきたいと思います。
今回の内容は「初心者」はもちろん教わったことのない「初級者・中級者」の方にも確認として見てほしい内容になります。

ざっくり目次です。
1 【重要】ボールは「腕の力」を使って飛ばしてはいけない。
2 正しいボールの飛ばし方 体軸を移動させることによって飛ばす。
3 正しいボールの飛ばし方 体軸の回転を使って飛ばす。
4 正しい腕の使い方をしよう

1 【重要】ボールは「腕の力」を使って飛ばしてはいけない。

この項目は「最重要」です!
皆さんも上手な動画が先輩、チームメイトなどを見て早く上手くなりたいなと思っているのではないでしょうか。その向上心、とても大切です。
ただし、これは全てにおいてそうなのですが、【正確な情報を得て、正しく理解する】ができないと上達しません(もしくは途中でつまずきます)。

ソフトテニスにおいて初心者に多く見られる一番やってはいけない間違いは【ボールを腕の力で打つ】ことです。
上手な選手が速い球を打っているので真似して速い球を打ちたくなる気持ちはよく分かります。しかし、初心者が何も知らないで速い球を打とうとすると腕の力でボールを飛ばす、いわゆる「手打ち(体を使わないでボールを打つ)」になってしまいます。

手打ちになってしまうと

〇体の小さい筋肉(腕)を使って打つので体の大きい筋肉(太もも、体幹)を使って打つ打ち方と比べて非常に不安定な打ち方になる。
〇テニスは連続してコートにボールを入れる能力が問われる競技なので打ち方が不安定だとテニスの競技レベルが上がらない。
〇小さい筋肉(腕)だけを使ってボールを打つことになるので強いボールが来た時に打ち返すことができない。
〇体の一部分(腕)だけを使って打つと腕に大きな負担がかかるので「ケガ」をしやすくなる。

とこのように悪いことばかりが起きてしまいます。

2 正しいボールの飛ばし方 体軸を移動させることによって飛ばす。

よく「体重移動」をするなどとも表現しますが、今回は「体軸を移動」という表現で説明していきますね。
なかなか文字だけで、お伝えすることができないのでテン画伯が絵をかいてみました。

どう?分かりやすいですよね?(笑)
絵心がなく分かりにくいのですがこれは横から見た図です。

右利きフォアの場合は右足側に軸を動かして、それを左足に移動させることで生み出されるパワーを使ってボールを飛ばします。

右利きのバックの場合は逆で左足側に軸を動かして、それを右足に移動させることで生み出されるパワーを使ってボールを飛ばします。

左利きはこれの逆だと思っていただければOKです。

とここまで説明したけど分かりにくいので動画を撮りました(最初からそうしろよ)ので☟も見てください。身バレはしたくないので変な恰好していますがご了承ください(しかも顔普通に分かるしww)。

動画(体軸移動)を見たい方はこちら!

3 正しいボールの飛ばし方 体軸の回転を使って飛ばす。

体の軸の回転を使って飛ばす方法です。回転といっても回転させるのは上半身だけなので上半身をひねって、そのひねり戻しの力を使って打つという表現がしっくりきます。ひねり⇒ひねり戻しのパワーを使って打つのが2つ目のボールの飛ばし方です。
こちらも動画を作ってみたのでもしよかったらどうぞ!

動画(体軸の回転)はこちら!

4 正しい腕の使い方をしよう

腕の使い方を間違えると、テニス肘になったりと腕、手首の故障につながります。私も肘を痛めたことがありますが、一度痛めてしまうとなかなか治らないですし、クセになってしまって再発することが多くなってしまうのでケガには注意していきましょう。

腕の使い方のポイントは腕の出す順番です。体をひねることによりテイクバック(ラケット後ろに引かれる)しますよね。その後ボールを打つためにラケットは体のひねり戻しと一緒に前に出てきて、ボールにインパクト(当てる)します。

この一連の動作なのですが、まずは肩が通ったところを肘⇒手首⇒ラケットの順番に通っていくようにします。この順番は絶対に守ってください。

いいですか、肩⇒肘⇒手首⇒ラケットの順番で通るようにしてください。これが肘と手首の順番が逆になったり、手首とラケットの順番が逆になったりするとケガをする大きな原因になります。バックも同じ順番です!

こちらも動画作りましたのでいまいちイメージがつかない方は動画も見てください!
正しい腕の使い方の動画はこちら!


以上がまず初心者に最低限知っていてほしいボールの打ち方です。これを理解しているかどうかでこの後の成長速度やケガの防止などに明確に差が出ます!
分からなかったら何回も読み直してくださいね!
今回は以上です!


▼いっしょに読んでおきたいおススメ記事!
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選
≪ソフトテニス≫グリップについて初心者に解説していきます。
ソフトテニス初心者向けフォアハンドストローク練習!最初に意識すべきポイントは2つでいい。

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.