ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

ソフトテニスでストロークを安定させるコツ【5選】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは、テンです。
今回はソフトテニスでストロークを安定してコートに入れるコツを5つ紹介していきたいと思います。ストロークが安定しない方必見です!

この記事を読んでほしい方
・初心者~中級者で乱打が続かない、一本打ちをしてもミスが多い方。
・日によってストロークの精度にばらつきが出てしまう方。
・試合でラリーになるとすぐミスをしてしまう方

≪この記事で学べること≫
・ボールを安定させるコツが分かります。
・この記事の内容を理解して練習すると安定感のあるボールを打つことができます。
・安定したボールを打てるようになると試合の勝率が上がります。



1 ソフトテニスでストロークを安定させるコツ① 大きなパワーを生み出せる力を使って打つ

ソフトテニスは、決まった大きさのコートの中にボール入れるスポーツなので、あらゆる状況に対応できるように技術を身に着ける必要があります。

ソフトテニスにおいてあらゆる状況に対して対応できるパワーを生み出すのが「
体重移動(下半身)」と「体のひねりとひねり戻し(体幹)」の力です。この2つの力を組み合わせてたり強弱をつけて打つことによって状況に応じて柔軟に対応することができます。

逆に悪い例は
腕の力でボールを打つ「手打ち」や手首でボールを打とうとする例です。
手首や腕は下半身や体幹と比べて生み出せる力は弱いため力強いボールが打てないですし、複雑に動いてしまうため安定してボールが打ちにくいです。

また、腕や手首の力に頼った打ち方は
「ケガ」もしやすいですので、打ち方を根本から見直してください。

※「体重移動」・「体のひねりとひねり戻し」で」ボールを打つ練習方法は☟の記事を用意していますのでぜひ見てください。

2 ソフトテニスでストロークを安定させるコツ② ドライブ回転をかける

ストロークを安定させるためにはボールが回転によって落下してコートに収まりやすい、ドライブ回転で打つのが鉄則となります。

ソフトテニスでドライブ回転を自然にかけるためのコツは
ドライブ回転をかける意識(手首をこねたり、足で伸び上がったりしないため)をなくしたうえで、
①ボールの下から斜め上方向にスイングしていく(サイドストロークでも同じです)
②フラット面でボールを捉える
③自分が打てる打点にしっかり入る
④インパクトの瞬間にラケットを握る

です。細かいことは☟の記事にまとめてありますので参考にしてください。

3 ソフトテニスでストロークを安定させるコツ③ 素早い準備をする

文大杉並高校でソフトテニス部の顧問をされていた、故・野口英一先生※が「試合中のミスの約8割は、ボールを打つまでの準備の遅れが原因です。軸足を決め、ラケットを引いて構えるまでの動きを、私たちは「1を作る」と呼び、それを素早くできるように徹底させています。」と語っており、ソフトテニス界を代表する指導者の方も素早い準備の重要性について語っておられます。それほど事前の準備は大切なのです。

※野口先生は中学校・高校のソフトテニスで顧問をされ数度にわたり、全国大会で教え子を優勝させてきた日本屈指の指導者の方です。
引用(野口先生のコメント):高校生新聞ONLiNe

3-1 テン流の素早い準備

実はテンは3-2で紹介するDVDを購入し、野口先生流の準備方法も取り入れて、ストロークの安定感を出しています。
しかしながら、その詳細をお伝えすることは「著作権」に影響するので残念ながらできません。是非DVDの購入を勧めたいのですが、金銭的に難しい方もいると思いますので、それ以外の有効な準備方法について解説します。

ポイント
・ラケットのテイクバックを早くする。
⇒ミスの原因で多いラケットの「振り遅れ」はテイクバック開始のタイミングが遅ケースがほとんどです。解決するには、早くテイクバックを完了させることを意識して練習することです。練習をしながら振り遅れずに違和感のなく打てるタイミングを見つけてください。

・スプリットステップを使って最初の動き出しを早くする。
⇒スプリットステップを使うことで最初の「1歩」を素早く動けるように意識します(スプリットステップは5章で詳しく説明します)。

・相手の得意コース特徴を見極めてスタートポジションを変える
⇒相手により得意コースや、ボールが短いなどの特徴があります。その特徴を見極めボールを打ってきそうな方向に一歩近づいておくことで、次のボールの対応に余裕が生まれます。ポジション取りは前衛だけだと思われがちですが、後衛も相手によってポジションを変えることで試合を有利に運ぶことができます。

3-2 野口先生流の素早い準備「1を作る」(DVDレビューあり)

テンが購入し、確実に技術が向上したと断言できるのが野口先生が指導・監修したソフトテニス上達革命です。この中で説明されている「1を作る」が素早い準備を意識づけるために重要になります。この「1を作る」はDVDを実際に繰り返し見て、正確に理解してほしいと思います。

少し話が逸れてしまいますが、皆さんが安心して購入を検討できるよう簡単にDVDについてレビューします。

テンが特に参考にさせていただいている内容は次の3つです。
・1を作るの原理や理由の解説
・練習の1つ1つに対しての丁寧で分かりやすい解説
・インターハイ優勝者のプレーと入学したての選手のプレーの違いの解説

テンが購入を勧める理由(5つ)
・ソフトテニスのプレー全てに影響する「1を作る」を理解できるため、全体の技術の底上げができる。
・中学、高校生でも理解できるような
丁寧な説明かつ理論的で分かりやすい
・名門高校の普段の練習の一部が分かる(上手くなる画期的な魔法などなく、手投げなど地道に練習していることが改めて分かります)。
技術指導の内容が一貫していて、ブレがない
・指導者としての
圧倒的な実績がありDVDの内容を理解すれば迷わず安心して練習に取り組むことができる


金額はラケット一本分と決して安いものではないのでよくお財布やご家族と相談してください。ただ、塾やスイミング等の習い事をすると入会金や10~12回程度の講習(約3か月)で同じくらいの金額になります。
そのことを考えるとコーチや顧問に恵まれてない方は買って損はないので、早めに買うべきだと思います。私はもっと早くにほしかったです。。

テンがおすすめする「ソフトテニス上達革命」はこちら!

4 ソフトテニスでストロークを安定させるコツ④ ネットをしない

ストロークを安定させたいときに心がけたいことがネットをしないことです。
そのために
ラケット一本分高い位置を通るようなシュートボールを打つことがおすすめです。

この時に役に立つのがボーリングの「スパット」の考え方です。「スパット」とは、ボーリングレーンの手前にある▲のことです。
ボーリングは遠くにあるピンを見て投げるよりも、手前にある「スパット」を狙って投げたほうが精度が良くなります。
遠くより近くを狙ったほうが「簡単」なのです。

テニスも同じで相手のコートを直接狙うのではなく、自分の打ちたいコースの
ネットの上に〇のターゲットをイメージして〇の中を狙うようにしてください。この時にラケット一本分上にターゲットをイメージすることでネットしなくなります。この考え方はロブやサーブの時などにも使えます!

5 ソフトテニスでストロークを安定させるコツ⑤ フットワークを鍛える

ソフトテニスはボールを打つ間合いに入ることでボールを打ち返すことができるため、ボールの打点に入るフットワークを鍛えることが安定したボールを打つことに直結していきます。

フットワークのポイント
・動き出しを早くする(スプリットステップを使う)
・フットワークそのものを鍛える(ラダートレーニングをする)

スプリットステップとは?
動き出しの時に体の反動を使って動きだすとスピードが加速します。待球姿勢からその場で軽くジャンプをしてその反動で動き出す動作です。タイミングよく使うことで体の反動を使い動き出すことができます。

ラダーとは?
ラダートレーニングは四角のマスを使ってステップを練習、スピードアップさせる道具です。練習できるステップの種類も豊富なのでラダーを使えばソフトテニスに必要なフットワークや瞬発力を鍛えることができます。
ラダーは練習前のアップにも使えますし、一人でもできるので自主練習にもおススメです!
※ラダーの練習メニューはこちらを参照ください。

6 ソフトテニスでストロークを安定させるコツのまとめ

ソフトテニスでストロークを安定させるコツをまとめると・・・
①大きなパワーを生み出せる力(体のひねりとひねり戻し、体重移動)を使う
②ドライブ回転でボールを打つ
③素早い準備ができるよう「1を作る」
④ネットをしないようにネットよりラケット一本分高いところにターゲットを置く。
⑤フットワークの強化のためにラダー、スプリットステップを行う。

ストロークの安定は初心者~中級者の重要な課題の1つです。後衛のストロークが安定すれば地区大会は勝ち抜けると思いますので、この記事を読んでじっくり取り組んでいきましょう。
今回の記事は以上です!

▼おすすめ記事
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選
▼関連記事
≪ソフトテニス≫初心者でボールがバラバラに飛んでいく時の対処方法

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.