ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

いつの間にか差がついている!?メキメキとテニスが上達していく選手の特徴3つ≪ソフトテニス≫

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは。テンです。

ふと自分の周りでテニスが強い人ってどんな人が多いのだろうと思ったので記事にしました。これがすべてではないのですが、テニスが強い人ってどういうひとだろう、、、と考えてみるとテニスだけじゃなくていろいろなこと(例えば勉強や、何かを学ぶなど)ことに通じることがしっかりできている人が強いんだなって結論になりました。ではその中身を早速見ていきましょう!

①人のアドバイスを素直に聞ける人、自分から聞きに行ける人
まず最初に思い浮かんだのはこれですね。人のアドバイスをしっかり吸収することができる人。アドバイスをしてくれる先輩は、自分より長年やってきている人のでそれだけ努力してきたでしょうし、勉強してきたといえます。まずはそういう「自分よりもテニスについて知っている人の言うことを聞ける」というのは素直で吸収力の高い証拠でしょう。自分より上手な人に教えてもらうということは自分はその人が何年もかけて試行錯誤しながら培ってきてものをとても短期間で手に入れることができるということです。もちろん、その内容が合わなかったり、時には古くなっていたり間違っていたりすることもあるでしょう。そう思ったら自分なりに調べたり、知識を持っているほかの人に聞いてみたらいいんです。そこで初めていただいたアドバイスを実践し続けるかを考えればいい。だけどまずはそのアドバイスを素直に聞いてみる、試してみるということができるということが何よりも大切でしょう。
【参考】
上達するには人から学べ!上級者やコーチに個別に教えてもらおう!≪ソフトテニス≫

②目標を立てて練習、振り返りができる人
2つ目は目標を明確化して、しっかりと振り返りができる人です。目標を立てて練習している人は部活を終えた際に今日は目標を達成できたのか、近づくことができたのかを振り返ることができます。振り返ることによりまた新たな課題が見つかり次のステップへ進むことができます。この流れができるとテニスが上手くなることはもちろんですが、日々目標をもって生き生きと生活もできるし、達成したことにより、私はできるという自信にもつながると思います。私の中学校では女子や先輩方は部活ノートというの書いていて日々の目標や反省を書いていました。残念ながら私はあまり続かなかったのですが、先輩たち、女子は私よりも多くの成果を残してきましたし、中学校で花開かなかった人も高校で活躍していました。自分の花が咲くタイミングはあるとは思いますが、その手助けをしてくれるのが部活ノートではないかと思います。私もしっかりノートを付けていればよかったと反省しております。

目標設定、振り返りとは違うテーマで書いていますが、部活日記をつけようというテーマで一つ記事を書いています。記事の内容はハードルを低くして、まずは5分部活日記に向かってみようというテーマです。もしよかったらみてください。
【参考】
強い選手が練習後にやっているある「習慣」とは??≪ソフトテニス≫

部活の記録ノートの内容についても何かご紹介できたらと思います。

③テニスが好きな人
なんだかんだこれが一番重要かなと思います。好きこそものの上手なれとは昔から言いますし、最近だと編集者として有目な箕輪さんの「努力は熱狂に勝てない」のフレーズにあるようにテニスが好きで夢中になっている人は本当に上達するスピードが早いですね。
ある中学校の友人は全校生徒以上、テニス部も60人以上いてテニスコートが全く足りないようなところで部活をやっていたそうです。上級生がボールを優先して打つ文化だったので全くボールが打てなかったみたいですが、友人複数人と朝早くいって人がいないときに練習、練習がオフの日には近くのテニスコートを予約して練習と夢中で練習していたそうです。ひたすら他の同級生より時間を作って、テニスをやっていたようです。こうやって練習していると才能がどうとかの問題なんか関係ないくらいのボールを打つ回数に差ができます。実力もどんどん上がっていきます。確かにその学校の友人は大会でも練習コートが解放されるとすぐに駆け付けて練習していましたし、練習試合なんかでもコートが空くと目ざとく見つけて練習していました。貪欲にテニスをしていたんだと思います。その友人は残念ながら関東大会決定戦で勝利まであと1ポイントまで追い詰めたのですが負けてしましました。ちなみに相手校はジュニア時代からテニスをしている生徒が所属する中学校でその後全国大会まで駒を進めました。
テニスが好きである。という情熱、練習量が技術や才能の差を埋める可能性があると感じた瞬間でした。
これは一例ですが、テニスが好きという気持ちはプレーをするうえで非常に大切にすべき感情であると思うし、なくさないでほしいなと思います。

以上、テンが考えるテニスが初心者からの成長スピードが早い人の特徴でした。性格というより、心がけ次第でできることを記事にしましたので確かにと思ったら心がけてみてください。

▼他の選手と差をつけたいときにおススメの記事をまとめました。
練習には2種類ある!?「試合を想定した練習」「技術習得の練習」の使い分けとは≪ソフトテニス≫
あまり知られてない!?○本目までを制するペアが試合を制する!?<ソフトテニス>
≪ソフトテニス≫相手に自分のテニスを押し付ける。

▼おすすめ記事
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.