ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

≪ソフトテニス≫相手に自分のテニスを押し付ける。

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは。テンです。
今日は試合の展開についての話をしていきたいと思います。

勝つ試合の展開は大きく分けて3つあると思います。
①自分たちのやりたいことができていること
②相手が攻めているが自分たちの処理能力で対抗できているとき(相手より実力
 が上の場合が多い)
③自分たちは特段何もしていないのだが相手が勝手にミスをする。

負けているときの試合展開はその逆で
①自分たちのやりたいことができていないとき
②攻めてはいるのだが相手の能力が高くポイントにつながらないとき(相手が実力が上
 の場合が多い)
③相手が何かをしているわけではないが自分たちが勝手にミスをしている場合。

大別するとこんな感じかと思います。
この中で今回は①、②について考えていきたいと思います。
①、②ともに重要なことではありますが、何が違うか分かりますか?


では練習する際のことを考えてみましょう。①場合、練習でもやることが決まっていると思いませんか?。自分のテニスという軸、スタイルがあってそれをもとに練習をする。

例えばクロスラリーを主体でバチバチ打ちたい人はクロスを練習していけばいい。その前衛はコースを相手に変更させないほうがいいからランニングボレーを主とする前衛よりスマッシュを追ってくれる前衛のほうが良い。クロスから始まらない前衛レシーブはレシーブをロブにで相手後衛を走らせて、クロス展開にしてくれるパターンを多用してくれるとクロス展開になるから良い。自分でどうにもならない(相手の配球で決まってしまう)コースは左ストレートだから左ストレートは練習して得意ではななくても「不得意」ではなくしておく必要がある。など練習することや、ペアに求めることが見えてきますよね?

一方、相手に対応する場合の練習方法は「相手ありき」の練習になるので、どんな相手か想像して行う必要がある。そうするとパターンがいろいろできてしまいます。例えば「ロブが得意な後衛にはこのように対応して」とか「ストレートが得意相手にはこのように攻めて」とか自分のレベルに関係なくいろいろな「相手」を想定することになるので、自分のやることが絞れないんです。

そうするといろいろなコース球種展開を練習しなければいけなくなるので成長速度が遅れてしまいます。

最終的にはどのプレーも最高基準でできるのがいいでしょう。ただし、それができる人はこのブログを見る必要はありません(笑)

このブログをみているあなたは勝てなくて悩んでいたり、県大会に行きたいけどまだ届かなかったり、たまたもう一歩成長するヒントをインターネットに求めていたりする人ですよね?そうした人がいろいろな練習をして一気に上手くなると思いますか??難しいですよね。
まずは地を固め、自分の目標をひと続くクリアしていきましょう。そのためにするのが「選択と集中」です。そのためには自分がどのようなテニスをしていきたいか。そのプレイを実現させるためには何の練習が最低限必要ですか?をまず考えて練習に取り組みましょう。大丈夫です、1つや2つできないプレーがあっても勝てます。それからどこかの時点で勝てなくなる時はきますが、まずはそこまで行きましょう。勝てなくなってきたらその段階で何が次必要なのかを考えて次はその克服に集中すればいいのです。

今回の話は少しテニスを経験してどのように勝っていきたいかが見えてきたときにとても役立つと思います。時間は有限です。テニスもまずは「選択と集中」して練習することにより自分のパターンを作って相手にそれを押し付けて戦っていきましょう!

今回は以上です!

▼自分たちの攻撃パターンを作るのに参考になる記事です。
≪ソフトテニス≫【後衛編】4本目までに攻撃する!
ダブルスを生かした作戦!二人でポイントをと取りに行く作戦を5つ挙げてみた≪ソフトテニス≫

▼おすすめ記事
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.