ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

≪ソフトテニス≫初心者向けボレー練習を紹介します!

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは。テンです。今回は前衛の一番の仕事である「ボレー」についての大切なことと基礎練習について説明していきたいと思います。
テンは後衛ですが少し中学生も教えている関係で前衛練習に関してもちゃんと知識だけはあります(笑)。また、上手な前衛の友人に聞いた話や上手な選手ががYouTube動画で解説しているものなどを扱っていますので安心して読んでくださいね!

ざっくり目次
1 ボレーはストロークの延長??
2 初心者にやってほしいフォアボレーの練習!
3 初心者にやってほしいバックボレーの練習!
4 この練習でもっと上手くなるアドバイス!

1 ボレーはストロークの延長??

ボレーに関しても色々な「指導」があると思いますが、この記事では「ボレー」もストロークの延長のプレーであるということを前提に話をしていきたいと思います。

どういうことかというと、技術によって、ストローク、ローボレー、ボレーなどと呼んでいますが、基本的な体の使い方はどれも一緒で、ストローク⇒ボレーと前に行くにつれて相手との距離が短くなるので素早く反応するためにどんどんストロークをコンパクトしているだけという発想です。

もちろん、すべてが同じではないです。その技術によって細かいところは違います。イメージとしてはストロークとボレーは兄弟みたいな感じですかね。ざっくり体の使い方は似ていて細部の動きは異なるとこがある。

上手な人を見れば分かりますが、ストロークが上手な後衛はローボレーが上手い人が多いです。また、前衛のトップ選手はシングルスでも優秀な成績を収めていることからも分かりますよね?

そのためストロークで習ったことをおさらいしておくと理解しやすいですよ!
参考:
≪ソフトテニス≫グリップについて初心者に解説していきます。
ソフトテニス初心者向けフォアハンドストローク練習!最初に意識すべきポイントは2つでいい。

2 初心者にやってほしいフォアボレーの練習!

ボレー初心者で多いのがまっすぐ立ってボールをラケットに当てるだけになってしまうことです。
先ほども言いましたがボレーはストロークの延長になるのでラケットに当てるものではなくストロークと同じようにボールを運ぶ感覚が必要になってきます。

では練習方法です。
①ネットに平行に立ちます。
②軸足(右利きの場合は右足)で片足立ち(ケンケン)してください。
③体軸を10度くらいひねることによってラケットが少し引いてテイクバックしてください。
手でラケットを引くのではなくひねることによってあくまで自然にです。ただし、ストロークのように限界までひねってしまうとラケットが体の横に来てしまい、速いボールに対処できません。ボレーは時間がないか中で体の前でボールに当てなければいけないので、ラケットがしっかり身体の前にある状態にしておいてください。
④この状態でボールを出してもらいます。。
⑤球出しされたボールをラケットを振らずに体の回転を戻すようにしてボールにラケットを当ててください。
⑥【慣れてきたら】この体のひねり戻しの時に浮いている足(右利きの場合左足)がひねり戻しの反動で自然に交差するようになると良いです!
 【さらに慣れてきたら】ボールがラケットから離れた後に自然に左足着地して左足に体重が乗っているとベストです!

怪しさ満載ですが、本人恥ずかしがりやのため、顔を隠して練習動画を撮りました。コロナの影響で部屋から出れないので部屋の中でのイメージ映像になります。文章だけでいまいちぴんと来ない方は見ていただけると良いかと!
フォアボレー練習解説動画はこちら!

3 初心者にやってほしいバックボレーの練習!

分けてますが簡単にいうとフォアとのバックバージョンだと思ってください。

練習方法!(フォアと変わらないです(笑)足が逆なので緑色にしておきました)
①ネットに平行に立ちます。
②軸足(右利きの場合は左足)で片足立ち(ケンケン)してください。
③バック側に体軸を10度くらいひねることによってラケットが少し引いてテイクバックしてください。
手でラケットを引くのではなくひねることによってあくまで自然にです。ただし、ストロークのように限界までひねってしまうとラケットが体の横に来てしまい、速いボールに対処できません。ボレーは時間がないか中で体の前でボールに当てなければいけないので、ラケットがしっかり身体の前にある状態にしておいてください。
④この状態でボールを出してもらいます。
⑤球出しされたボールをラケットを振らずに体の回転を戻すようにしてボールにラケットを当ててください。
⑥【慣れてきたら】この体のひねり戻しの時に浮いている足(右利きの場合は右足)がひねり戻しの反動で自然に交差するようになると良いです!
 【さらに慣れてきたら】ボールがラケットから離れた後に自然に右足着地して右足に体重が乗っているとベストです!

一応バックボレーも作ってみました。バックボレー練習解説動画はこちら!

4 この練習でもっと上手くなるアドバイス!

(1)ボレーをした後はしっかりボレーした形の面を残していく。

少し上でも触れていますが、ラケットを振らないというニュアンスに近いです。当然、ラケットを振ってしまうと振っている時間的ロスやタイミングの難易度が上がってしまうのでミスが多くなります。そのためラケットを振らないようにボレーした面をそのままの形で残したまま一連の流れが終わるようにします。ボールを打った後もボールをはじいた方向にラケットが向いているということです。

(2)グリップを軽くもってインパクトの習慣に軽く握る。

これもストロークと同じですね。構えているときは手は添えるくらいの気持ちいで軽く持っていて、インパクトの瞬間にラケットを軽く握ると少しラケットヘッドが前に行きますよね?この動作をすることではじきの良いボレーをすることができます。

(3)ボレーした後に逆足でタイミングよく着地する。

先ほど練習方法の中でも軽く触れたことになりますがもう少し詳しく解説します。
ボレーした後に軸足と反対の足で着地してみましょう。着地するのは軸足を追い越した斜め前です(右利きフォアは左足が右足より右前に着地、右利きバックは右足が左足より左前に着地)。
この時のポイントはわざと着地するのではなくて、軸足にしっかり体重を乗せて前でボレーしました。前でボールをはじいたことによりバランスが前になったので転ばないように軸足と反対の足が出ました。という流れになります。
※わざとではなくて、自然と片足立ちしている時よりバランスが前になったから軸足と反対の足が前に出てきたという感覚を養いましょう。

いかがでしたでしょうか。前衛の練習は後衛にもつながっていて、後衛の練習は前衛練習にも役立つ感覚少し分かりましたか??
このボレーの基本を習得できているかいないかで今後の前衛のスキルの成長速度が変わってきます。この練習は、ベテランの前衛選手もやっている基礎練習ですのでこの先長く使えます。

しっかりマスターして他の前衛より一歩リードしていきましょう!
以上です!

▼こちらの記事も是非読んでみてください!
まずは自己紹介をします!

▼テンのストロークについての考え方が分かります!
ソフトテニス初心者向けストローク練習!最初に意識すべきポイントは2つでいい。

▼おすすめ記事
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.