ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

≪ソフトテニス≫大会早々に強い選手と当たってしまった。そんなときの戦い方。

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

こんにちは。テンです。

今回のテーマは強い選手と大会早々にあたってしまったとき、どうする?です。誰もが最初はノーシード。強い最初から強い選手と当たることは十分ありますよね。当然シード選手のほうが強く格上。。。。

正直、地力が違うので負ける可能性のほうが高いですよね。でも上手くプレーをすれば勝てるかもしれません。テニスは番狂わせ(シード選手が負ける)が比較的多いスポーツです。理由はラケットを使っているスポーツなのでインパクトがとても繊細であることコンマ秒遅れただけで、ラケットの角度が数度違っただけでポイントを失ってしまうスポーツだからです。また、精神の強さがプレーの細部に出やすいからです。そのためシードの近くになってしまってもあきらめないで食い下がりましょう。

ちなみにテンがみるに中学生・高校生の大会では16シードのうち1ペアくらいはパック又は2回戦で負けています。私も高校の時にシード選手を倒した経験があります。私の知り合いは県大会の4シードに勝ったことがあります!ほら希望出てきたでしょ?

では早速本題。

①シード選手のパックに入ってしまったときの考え方。

シード選手と早々にあたってしまうということはあなたはシードの下のパックになっているのではないでしょうか。そうするとあなたはラッキーです。実力差があるときにシードに勝てるのはシードのパックに入っている選手のことが多いです。どういうことかというと相手はシード選手、上位まで勝つことを前提にトーナメントが組まれています。そうするとプレッシャーがかかりますよね。そして相手は格下の選手。まず負けられません。一方であなたは玉砕覚悟で勝負に出ます。こういう怖いものなしで向かってい来る相手は怖いんですよ。また、もう1つ。シード選手はあなたとが初試合、ところがあなたはすでに1試合勝っており自分のその日の状態がわかる。これっととってもアドバンテージです。

②望ましい試合展開

一番良い試合展開は相手の調子が上がらないうちにできるだけポイントを重ねて焦らせて本来の力を出させずに自爆させることです。そう、「自爆」させるのがポイント。シード選手が負けるときは大体これです。だって相手のほうが技術は格上なんですもん。

では具体手的にはどうするかですが、①自分たちが勢いに乗るために声を出す。②最初の1ゲーム目で前衛も後衛一般的に苦手としている人が多いコースを狙ってどちらが弱い(または調子が悪い)かを見極める。

③調子が上がらない弱い選手やコースがあったら徹底的に狙い、先行逃げ切りをする。

大体番狂わせ(シード選手が負ける)パターンは一方の選手(特に前衛)が狙われ、失点を重ねて前衛はますます焦り、ペアが平常心でいられなくなる(イライラしたり不安になる)ことでペアも崩れていく。そして相手が自爆していく。というパターンが多いです。

相手が格上で相手の調子が悪くない場合は、ひたすら前衛アタックというのも最終手段としてやってみてもいいかもしれません。

理由は前衛の技術は後衛よりむずかしいからです。

※しかし、これを前提に練習することはおすすめしません。同じ県内にひたすら前衛を狙う高校がありましたが、地区大会のレベルでは無類の強さを誇っていましたが、県大会ではうまい前衛にあたってしまうと通用しないうえに、コースを変えるので自分のミスも増え自分が自爆する可能性もあります。普通に戦っても勝てる相手ではないときの最終手段としておいてくださいね。

書いてみると、まぁ普通の戦い方とあまり変わらないですね。

総轄して格上と試合をするときは少しリスクを上げて先手必勝で相手に自分のテニスを押し付けて相手に何もやらせないプレーをするのががいいと思います。

リスクは上がるかもしれませんが普通にやるよりはね。勝てると思いますよ。

※今回の内容は成果を保証するものではありません。テンの格上の人と戦った時の経験談をもとに作成しています。 


▼こちらの記事も参考になります!
ソフトテニス用品 持っていると便利なもの20選
すぐできる!相手のボールが早い時の簡単な対処の考え方≪ソフトテニス≫
≪ソフトテニス≫相手に自分のテニスを押し付ける。

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.