ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

一人旅を楽しむために心がけたいこと5つ(簡単にできます)

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

一人旅を快適に勝つより充実したものにするための方法を5つ紹介します。どれも簡単なものですが、心がけたほうが充実感がわくと思います。気乗りしないのもあるかもしれませんがまずはやってみることが大切です。

本をもっていく

筆者は一人旅の時はスマホで時間をつぶさないようにしています。そのため割と手持無沙汰になるのですが、その時におススメなのが本を読むこと。個人的には電子書籍は目が疲れてしまうので本を携帯しますが電子書籍でもいいと思います。読む本は何でもいいですが、せっかくの一人旅なので好きな作家がいるのであればお気に入りをもっていくのがいいかなと思います。私はほっこりする話が多い有川浩さんや三浦しおんさんの文庫本や歴史小説なんかを持ち歩くことが多いです。場合によっては現地調達もします。本なんでもいいですがせっかくゆっくりと時間を楽しめるので「仕事モード」なってしましそうな自己啓発本類はおすすめしません(普段は好きで割と読んでます)。

お金の使い方にメリハリをつける

せっかくの旅なのでお金のことは気にしない!好きなように使おう!というのも素敵なスタンスなので、いいと思いますが、一人旅にハマると割と遠出することが増えます(笑)私自身2か月に1回くらいの頻度で遠出してます。直近を振り返っても2月に静岡(一人)、12月に岡山(一人)と千葉(房総)9月には京都、8月には岩手(一人)に行きました。旅行の半分くらいは見たいただいている通り一人旅です。そのため私は金銭面にメリハリをつけて、一人旅したいっていうときに金銭面で思いとどまらないように1回の旅行でメリハリをつけてお金を使っています。私はホテルや温泉が目当てでなければ宿泊施設の費用は抑えます。ご飯食べたいもの以外は軽く済ませます。その代わりに、旅行中1回は多少高くてもおいしいものを食べます。自分ルールを作ってみるのも面白いですね!

軽装を心がける

持ち物の軽さは心と行動を軽快にします。重いものを持ちながらの移動ってしんどくないですか?私はできれば両手を空けておきたい。そのために荷物を少なくします。洋服も最低限しかもっていきません。コインロッカーがある場合は割と活用します。できるだけ身軽でいたいからです。身軽のほうがフットワーク軽くいろいろな方向へ足を伸ばせます。現代はホテルにはしっかりアメニティーはそろっているし、駅周辺には観光客が来そうなところにはコンビニもあります。万が一何か足りなくてもそこで買い足せば済む話です。日本を周遊する分には多少ものが不足していてもどうにでもなります。心も体も軽くして旅をしましょう。

できるだけスマホを使わない(けど充電はしっかり)

スマホは役立つツールですがそれ故にスマホに縛られて生きているような人が多いのではないでしょうか。スマホを持っていると仕事の連絡、何となく続けている友人とのやり取り、フォローした有名人の記事を読むと大忙し。なのでスマホをチェックしていないと不安になるかもしれないですが、旅をしていると気くらいフライトモードにでもしておいて、顔を上にあげて周りを見渡してもいいのではないでしょうか。電車の中からゆっくり景色を見るのもいいですし、本を読むのもおすすめです。人生に大切なことはスマホからはだけでは得られないです。この機会にスマホをおいて、ゆっくり過ごしましょう。ただ、道に迷ったり、新幹線の予約や時間確認とスマホを使ったほうが便利な場面もあるので充電はしっかり、できればモバイルバッテリーも持って行ったほうが良いでしょう。

現地で情報を得よう

自分であらかじめしっかり計画を立てていきたい方には合わないかもしれないですが、思い立っていくことの多い筆者はこれは結構おすすめしています。よく情報を聞くのは地域にある「観光案内所」と「宿泊するホテル」です。観光案内所では便利な周遊の仕方方法や、おすすめスポットだったりを教えてもらいます。たまに割引券をもらえたりもします。あとコインロッカーがないような駅だと荷物を預かったりもしてもらえるので「観光案内所」はあったら尋ねてみるのはいいでしょう。観光案内所で働いているような方は人と接することや説明するのが好きな人が多いので気前よく教えてくれます。特に地方のほうに行けば行くほど訪れると喜んでくれたりもしますのでお勧めです。「ホテル」では私は夕ご飯のおすすめを聞くことが多いです。お昼にはその土地のいわゆる名物料理を食べて、夜はホテルの近くの店でご飯を食べてゆっくりホテルで過ごすことが多いです。ホテルで働いている人は周辺に詳しいので、食べログなどHP上では分からないおすすめの店を教えてくれます。たまに店がないときもありますが(笑)。現地の情報は現地に詳しい人たちに聞く。現地の方とも話せるので楽しいですよ!

以上が筆者おすすめの一人旅を楽しむコツです。いずれも難易度は低いのでやってみる価値アリです。旅の方法は十人十色です。上の内容も参考にしてもらいつつ是非自分らしい旅をしてくださいね。

▼テンおススメの一人旅温泉スポット
千葉県七里川温泉囲炉裏の宿の旅が最高すぎた

▼一人旅関連記事
始めての一人旅が寂しいと感じる⇒何回か旅をすれば慣れますが寂しさを感じ
ないような工夫を伝授します。
一人旅のメリットを4つにまとめてみた

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.