ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

【ここに行けば安心して楽しめます】一人旅初心者に向いている観光スポット5選

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

一人旅ってハードルが高いと思われている方も多いと思いますが、ハードルが高い場所とハードルが低い場所があります。例えるな、牛丼チェーン店は一人で入店される方が多いので一人で食べに行くことに抵抗はないでしょうが、それが焼き肉に代わる周りが家族ずれや友人でわいわいやっているので一人でためらってしまう。そういったところでしょうか。そのため一人旅でどんなところを回るのが良いかは旅を充実させるにおいて非常に大切ですので、合計20回以上国内一人旅をした筆者が最初の一人旅で一人でも楽しめる観光地の概要をお伝えしていきたいと思います。

1 城

一つ目は筆者の一人旅のメイン目的になることが多い「城」ですね。皆さんご存知「大阪城」や「名古屋城」などの人気スポットも一人でも気兼ねなく行けます。割と一人で来ている人も多いですよ。また城の敷地が公園になっているところも多く、観光している方はもちろん、ランニングしている方や散歩している方など色々な人がいるので全く寂しくないです。お城を巡ったら公園アイスやお茶を飲みながら一休みなんてこともできるのでお勧めです。
また歴史好きや、城に行って面白いと思った方はぜひ「公益財団法人日本城郭協会」が出している日本100名城に挑戦してみてください!日本全国47都道府県にある、築城年や役割などバランスよく選定された100つのお城をスタンプラリー形式で周りコレクションしていくのも面白いです。かなり人気が出たようで続編も出ています。
今後日本100名城の魅力は伝えていきたいと思っているので別途記事にしたいともいます。

2 神社・寺

神社やお寺巡りも一人旅にはおすすめです。1人で回っている観光客も多いですし、自然の中に整然と立っているお寺や寺院は神聖な感じがして、パワーを授かった気になります。それに「伊勢神宮」 や「出雲大社」などの人気スポットも人は多いですが皆さん参拝に来ているので騒がしい感じはしないので普段の喧騒を忘れて神聖な気分で非日常を味わえます。私も「太宰府天満宮」や「壬生寺」「近江神宮」など多くの寺や神社を一人旅で参拝しました。また、お城のスタンプラリーと似ているのですがお寺、神社でも参拝記念に御朱印を販売しているところが増えました。最近は御朱印集めもブームになっているので御朱印を集めながら思い出をためていくのも素敵ですね。

3 温泉地

温泉地も一人で旅行スポットとしてお勧めです。サッカー選手で日本代表のキャプテンも務めたことのある長谷部誠選手も著書の『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』の中で一人温泉を勧めています。一人温泉はまぁ、心が整っちゃいますね(笑)私自身も温泉が好きで、鬼怒川温泉、箱根などなど関東近辺はもちろん、道後温泉や湯布院なども行きます。その中にはもちろん、一人旅で行ったところもあります。チェックインして温泉につかって、外でご飯食べて、畳の部屋で本でも読みながらゆっくり過ごす。朝少し早く起きて温泉に入って朝食をゆっくり食べる。温泉街のでのゆっくりとした時間の過ごし方は何物にも代えがたい贅沢です。普段時間に追われていてたまには、ゆっくりと過ごしたい。そんな方には一人温泉はおすすめです。

4 山、ハイキング

自然散策でおすすめなのが登山、ハイキングです。登山、ハイキングに関しては私よりも兄弟のほうが経験が多く、日帰りで行ける山や登山して1泊して観光地によって帰ってくるという一人登山をよくしています。話によると結構一人で登山している人も多く、一眼レフをもって登山しながら時々立ち止まって良い景色や動植物見つけてシャッターを切りながらゆっくりと自然を楽しみなながら登山をしている人も多いようです。写真が趣味という人も多いのではないでしょうか。私の兄弟は結構頻繁に山だったり高原にいくのでコーヒーを沸かす登山グッツを持っています。頂上でいい景色を見ながら飲む沸かしたてのコーヒーは最高!と言っていました。最初は気軽に登れるような山でいいと思うので山やハイキングに出かけて自然に囲まれて1日を静かに過ごすのもいいかと思います。

5 博物館・美術館

最後は博物館、美術館です。博物館や美術館などが好きな方は自分のペースで見たいのではないでしょうか。一口に博物館、美術館といっても切り口が様々あって、歴史系の博物館や恐竜などの古代生物、鉄道の博物館やその土地の特融の祭り展示や偉人館などいろいろな種類があります。美術関係しても絵画はもちろん、建築、写真、をテーマにしているものもありますし、島ごとアートの世界観を作ってる直島なんかも一度は訪れてみたい場所です。多様なニーズを満たしてくれるすそ野の広い旅先になるのもいいですね。
博物館や美術館はそもそも静かに鑑賞したり感じたりするところなので友人といって私は各々回りますので一人旅向きの行き先としてはベストだと思います。また、博物館などはガイドさんがいたりして、館内を案内してくれるケースもあります。経験上、一人で行ったほうが声をかけてもらいやすいのでガイドの方に詳しく案内してもらうのも楽しむ1つの秘訣だと思います。

以上、1人でも楽しめる場所、1人だからこそゆっくりできる場所を紹介していきました。最初なんだか抵抗あるな。。という方はこれらの観光地は1人でもハードル低く楽しめると思いますので外に思い切って出てみてください。旅は人数に関わらずわくわくして楽しいものです。是非勇気をもって一歩踏み出してみましょう!

▼一人旅をする前に是非どうぞ!
一人で行動しなかった僕が一人旅をするようになったわけ。
始めての一人旅が寂しいと感じる⇒何回か旅をすれば慣れますが寂しさを感じ
 ないような工夫を伝授します。
一人旅を楽しむために心がけたいこと5つ(簡単にできます)

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.