ソフトテニスの上達を中心にしたサイト

始めての一人旅が寂しいと感じる⇒何回か旅をすれば慣れますが寂しさを感じないような工夫を伝授します。

2020/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

友人と話していて、1人で旅行するって寂しくないのかな?っていう話になりましてた。私自身は逆に一人のほうが充実する旅もあることを経験済みなので一人旅をしているのですが、考えてみたら自分も大学生の時までは「一人で旅行とかありえないでしょ。つまらなそう」派だったんですね(今や一人旅に行こうって記事書いてますが)。私は近くに一人旅をしている人がいたので、やってみるか。とまぁそんなに考えるってほど考えずに一人旅をしてきたのだけれども確かに当時はそんな寂しいなとかつまらなそうとか思っていたなぁ。と思い立ち記事にしてみました。

【結論】数回一人で各地を回っていけば寂しいという気持ちはなくなる。

群れるのがそもそも好きではないという人もいると思うのですが(というかそういう人はそもそもこの記事見ない)、今までいつも誰かと一緒に行動してきた、学校では連れション(トイレに友人を連れていく文化)をしていたような人は、最初は一人旅は寂しいです。

ただ、それも最初の何回かだけです。寂しさを感じるときは、主に「感情を共有したいとき」「時間をもて余している」時です。なので何回か一人旅をしているうちに自己消化できたり、自分なりの有意義な時間の使い方が分かってきたりするようになってくると寂しさは消えていきます。とはいえ私も最初は寂しいなと感じることもあったので一人旅の時に寂しさを感じないようなアドバイスを紹介します。

目次
1.旅に出る前に友人に一人旅をすることを言っておく。
2.家族に手紙を出す。
3.自分の好きな本をもっていく。
4.たまには内省してみる。
5.【番外編】最初は日帰りから始めるのもアリ!

1.旅に出る前に友人に一人旅をすることを言っておく。

先に話しておくと、十中八九「お土産買ってきてね!」⇒会おう!という流れになります。そうすると旅しているときの感情の動きや感じたことをを友達に会った時に共有できることが確定しているので、その瞬間を共有できなくても、その場の寂しさは結構緩和されるのではないかなと思います。私も仲のよい友人とは今でもそんなやり取りしていたりします。
筆者的にはlineを使ってずっと連絡を取っているのは一人旅のノイズになってしまうと感じているので先に連絡と会う日取りだけを決めて旅行中は連絡は取らなくていいと思いますが、最初は少し慣れるまでは旅のノイズにならない程度に連絡をとってもいいかもしれません。

2.家族に手紙を出す

これはとてもおススメしたいです。私は最初、80を超えて体が悪くなりなかなか外出できなくなった旅行好きのおじいちゃんに 孫孝行をするために書いていたのですが、いつの間に自分のためにもなっていたということに気づされました。

というのも、おじいちゃんに手紙書こう⇒(感動や驚きに遭遇した時)手紙に書こう⇒旅を共有できるので寂しさを感じない⇒せっかくだから葉書もよさげなの選ぼう⇒手紙選びにこだわる⇒手紙を書くことで感情共有できる⇒孫孝行できる⇒おじいちゃんの家に行ったときにネタにもなるし、大切にとっておいてくれているのもうれしい。
とよいサイクルができます。それに葉書選びも楽しみの一つになったり。私はこの旅を象徴するような葉書と言葉を選んで送るようにしています。

3.自分の好きな本をもっていく

私は必ず「本」を持っていきます。もっていく本は主に文庫本の小説が多いです。軽いので持ち運びに便利です。私は有川浩さんや三浦しおんさん、百田尚樹さんなど、好きな作家の文庫本の持ち歩きます。他には歴史が好きなので歴史小説を読んでいることも多いです。活字アレルギーの方もいるとは思いますが、本は人生を豊かにすると思うのでこれを機に読み始めてもいいのかなと思います。私も大学卒業まで全く本を読みませんでしたが、有川浩さんの「県庁おもてなし課」を読んで有川浩さんの本が好きになったところあたりからぽつぽつと読み始めるようになりました。有川作品は読書初心者でも読みやすい作品が多いので好きな作家がいない場合は「県庁おもてなし課」をおススメしておきますね。
旅先で読む本はなぜかいつもより充実感があるし、なんか優雅に過ごしている感じが不思議とするので一度お試しあれ!

4.たまには内省してみる。

ITの発達もあり、外とのつながりが簡単にできてしまう現代において、自分を振り返り見つめなおす機会というのはめったにないのではないでしょうか。筆者自身も大学の時は忙しい=充実という感じで生きてきていたので、一人になる時間って社会人になってから大切にするようになりました。
内省は今までの自分の考え方や行動を棚卸すると同時に、そこから自分の将来設計を考えていくのにとても大切な作業だと思っています。日々仕事、育児や家事など多くの「やるべきこと」に囲まれながら生活をしていると内省はなかなかできないですよね。一人旅でできる時間を使って内省して自分を振り返ってみるのもいいかもしれません。

5.【番外編】最初は日帰りから始めて見るのもアリ!

1人での行動が得意でないのであれば、無理せずできる範囲で始めませんか?
近場に観光スポットがある場合はそこにまずは1人で行ってみるとか。なくても近くにある公園や神社仏閣を一人で回ってみるとか。調べると結構各地域で七福神巡りとかやってますし、地方で発行されている冊子なんか読むと地域イベントが掲載されていたりするのでその地域で、ちょっとした非日常を味わうことも可能ですよ!

以上が筆者が考える一人旅の「寂しい」を取り除く方法です。寂しいという感情はある意味、人に依存しているからこそ生まれる感情なので「自立」すると生まれにくいと思います。人として生きる上で「自立」は必要ですので旅で一人も楽しめるようになるといいですね!



▼一人旅をより充実させるために書いた記事です。
【ここに行けば安心して楽しめます】一人旅初心者に向いている観光スポット5選
一人旅を楽しむために心がけたいこと5つ(簡単にできます)

この記事を書いている人 - WRITER -
テン
ソフトテニスが大好きなアラサー世代代表。ソフトテニスにずっと関わっていたいと思い始め、会社員として働く傍らでブログを解開設。主に初心者、中級者の選手レベルの底上げができるような記事を書くために日々奮闘中(ブログどころかSNS素人)。 好きな言葉は「仕事は楽しく、遊びは真剣に!」 最近共感した言葉は「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」

<script data-ad-client=”ca-pub-3057104637942736″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© テンブログ , 2020 All Rights Reserved.